渡会勝義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡会 勝義(わたらい かつよし、1945年 - )は、日本の経済学者早稲田大学政治経済学術院名誉教授。専門は経済学史

人物[編集]

東京外国語大学イタリア科卒業。伊東光晴に師事。1971年一橋大学大学院経済学研究科修士修了。指導教官は都留重人[1]明治学院大学教授を経て、1995年から永井義雄の後任として一橋大学社会科学古典資料センター教授。2000年同退任。後任は山崎耕一[2]。同年早稲田大学政治経済学部教授。2004年早稲田大学政治経済学術院教授。2016年定年退職。

デヴィッド・リカードウの経済思想研究やマルサス主義の研究、特に貧困問題を扱い、経済学史学会幹事、マルサス学会監事等を務める。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『マルサスの経済思想における貧困問題』(一橋大学社会科学古典資料センター、1997年)
  • 『デイヴィド・リカードウの救貧論と貯蓄銀行』(一橋大学社会科学古典資料センター、2000年)

訳書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「昭和45年度 学位授与・単位修得論文」一橋研究
  2. ^ 「センター教授着任の弁」一橋大学社会科学古典資料センター年報