辰濃和男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

辰濃 和男(たつの かずお、1930年1月1日 - 2017年12月6日[1])は、元朝日新聞記者のジャーナリスト、エッセイスト。元日本エッセイスト・クラブ理事長。

人物[編集]

東京生まれ。1953年東京商科大学一橋大学)卒業[2]。大学では、加藤秀俊(社会学者)と語学のクラス及び南博ゼミの同級生で、ともに一橋新聞部に所属した[2]

大学卒業後朝日新聞社入社[2]浦和支局、社会部ニューヨーク局長、社会部次長編集委員論説委員、編集局顧問を歴任[3][2]。この間、1975年から1988年まで「天声人語」を担当し、1993年に退社[2][4]。1994年朝日カルチャーセンター社長。また、日本エッセイスト・クラブ理事長も務めた[2]

ジャーナリストとして多数の著書を刊行している[2]。2017年12月6日、老衰のため死去[1]。87歳没。ノンフィクション作家の辰濃哲郎は息子[1]

著書[編集]

  • 『りゅうきゅうねしあ 沖縄・こころの旅』朝日新聞社 1973
  • 『反文明の島 りゅうきゅうねしあ紀行』朝日選書 1977
  • 『天声人語 人物編』朝日新聞社 1987 のち文庫
  • 『天声人語 自然編』朝日新聞社 1988 のち文庫
  • 『文章の書き方』岩波新書 1994.3
  • 『太古へ ニュージーランドそしてブータン』朝日新聞社 1996
  • 『風と遊び風に学ぶ』朝日ソノラマ 1996
  • 『漢字の楽しみ方 悪字の数々を弁護する』岩波書店 1998 「私の好きな悪字」岩波現代文庫
  • 『歩けば、風の色(風と遊び風に学ぶ2)』朝日ソノラマ 2000
  • 『断章・20世紀 100年を刻むことば』朝日ソノラマ 2000
  • 『四国遍路』岩波新書 2001
  • 『高尾山にトンネルは似合わない 千年の森と高速道路』岩波ブックレット 2002
  • 『「私流」を創る(風と遊び風に学ぶ3)』朝日ソノラマ 2003
  • 『歩き遍路 土を踏み風に祈る。それだけでいい。』海竜社 2006
  • 『文章のみがき方』岩波新書 2007
  • 『ぼんやりの時間』岩波新書、2010
  • 『極上の人生 人生を楽しむ四つの美学』海竜社 2017
共著
  • 『雨を活かす ためることから始める』村瀬誠共著 岩波アクティブ新書 2004

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c >辰濃和男氏死去=元朝日新聞社論説委員”. 時事通信 (2017年12月12日). 2017年12月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 一橋大学「People 辰濃和男」、『広報誌「HQ」』第43巻、2014年7月
  3. ^ 「朝日新聞コラム「天声人語」の元筆者、辰濃和男さん死去」朝日新聞デジタル2017年12月12日18時29分
  4. ^ 辰濃和男(たつの かずお)とは - コトバンク”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. 2015年10月22日閲覧。