嘉田良平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

嘉田 良平(かだ りょうへい、1949年2月18日[1] - )は、日本農学者環境学者四條畷学園大学リハビリテーション学部教授、総合地球環境学研究所研究部名誉教授。嘉田由紀子参議院議員の元夫。 

経歴[編集]

大阪府生まれ。京都大学大学院農学研究科修了。ウィスコンシン大学大学院生命農学研究科修了、博士(ウィスコンシン大学)。

京都大学助教授、京都大学教授農林水産省農林水産政策研究所政策研究調整官、アミタ株式会社持続可能経済研究所代表[2]UFJ総合研究所顧問、女子栄養大学客員教授、放送大学客員教授[3]総合地球環境学研究所教授、横浜国立大学環境情報研究院客員教授[2][4]を歴任。

専門は農政学環境経済学食品安全論。「食リスク・プロジェクト」のリーダーを務める。1980年代前半より環境保全型農業を提唱し、環境と調和する農業のあり方、里山の環境修復活動に取り組む[4]

1980年、『兼業農家の国際比較』(英文、学会出版センター)により昭和55年度日本農業経済学会賞を受賞。1991年、『環境保全と持続的農業』(家の光協会)により、第7回NIRA政策研究東畑精一記念賞を受賞[3]

著書[編集]

  • 『環境保全と持続的農業』、家の光協会 1990年
  • 『農政の転換 : 21世紀への食料・環境・地域づくり』有斐閣 1996年 (有斐閣選書)
  • 『世界の食品安全基準 : 脅かす要因と安全確保の道すじ』農山漁村文化協会 1997年 (全集世界の食料世界の農村 ; 26)
  • 『世界各国の環境保全型農業 : 先進国から途上国まで』農山漁村文化協会 1998年 (全集世界の食料世界の農村 ; 16)
  • 『食品の安全性を考える』放送大学教育振興会 2004年 (放送大学教材 ; 2004)、改訂版2008年
  • 『食卓からの農業再生 : 自給率向上の新戦略』家の光協会 2009年

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.401
  2. ^ a b 総合地球環境学研究所スタッフ プロフィール
  3. ^ a b 紀伊國屋BookWeb海と人間―21世紀の学際的研究』著者紹介
  4. ^ a b 紀伊國屋BookWeb『里山復権―能登からの発信』著者紹介