西垣通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西垣 通(にしがき とおる、1948年12月12日 - )は、日本情報学者、東京経済大学教授、前東京大学大学院情報学環教授、東京大学名誉教授、工学博士(東京大学)。

来歴・人物[編集]

俳人明治大学教授西垣脩の長男として東京都に生まれる。東京少年少女合唱隊に所属し、NHKみんなのうたで歌ったことがある。世田谷区立松沢小学校から世田谷区立松沢中学校を経て都立西高校に進み、1968年東京大学理科一類入学。1972年東京大学工学部計数工学科を卒業(卒業論文のテーマはファジィ代数の応用)。

1972年、エンジニアとして日立製作所に入社。このときOSネットワークデータベースなどの性能設計や信頼性設計を研究し、客員研究員としてスタンフォード大学に留学。1982年、東京大学で工学博士を取得。論文名は「多重プログラミング方式による計算機システムの資源管理最適化に関する研究」[1]

1986年、過労のため工場で倒れたことがきっかけとなり[2]、日立製作所を退職。1986年明治大学法学部助教授、1991年明治大学法学部教授を経て、1996年東京大学社会科学研究所日本社会研究情報センター教授。2000年東京大学情報学環教授。2013年定年退任、東京経済大学コミュニケーション学部教授。

1991年、『デジタル・ナルシス』でサントリー学芸賞(芸術・文学部門)受賞。歴史小説『1492年のマリア』(2002年)ではコロンブスの新大陸発見とスペインからのユダヤ教徒追放を扱い、この作品はNHK-FMで連続ラジオドラマとして2016年に全国放送された。技術者出身でありながら文系的な問題意識も旺盛で、文理両方の分野にわたる脱領域的な執筆研究活動を行っている。

著書[編集]

学術書・ノンフィクション[編集]

  • 『AI-人工知能のコンセプト』講談社現代新書、1988
  • 『文科系のコンピュータ事始め はじめてのBASIC』有斐閣、1989
  • 『秘術としてのAI思考 太古と未来をつなぐ知』筑摩書房、1990  のちちくま学芸文庫(「思考機械 太古と未来をつなぐ知」に改題)
  • 『デジタル・ナルシス 情報科学パイオニアたちの欲望』 岩波書店、1991 のち同時代ライブラリー岩波現代文庫
  • 『麗人伝説 セルジュ・ルタンスと幻の女たち 』リブロポート、1994
  • 『電脳汎智学』図書新聞、1994
  • 『ペシミスティック・サイボーグ 普遍言語機械への欲望』青土社、1994
  • 『マルチメディア』岩波新書、1994
  • 『聖なるヴァーチャル・リアリティ 情報システム社会論』岩波書店、1995
  • 『インターネットの5年後を読む 仕事はどうなる、日本はどうなる』光文社カッパ・ブックス、1996
  • 『メディアの森 オタク嫌いのたわごと 』朝日新聞社、1998
  • 『こころの情報学』ちくま新書、1999
  • 『IT革命 ネット社会のゆくえ』岩波新書、2001
  • 『基礎情報学 生命から社会へ』NTT出版、2004 (ISBN 978-4757101203)
  • 『情報学的転回  IT社会のゆくえ』春秋社、2005 (ISBN 978-4393332429)
  • 『ウェブ社会をどう生きるか』岩波新書、2007 (ISBN 978-4004310747)
  • 『続基礎情報学』NTT出版、2008
  • 『ネットとリアルのあいだ 生きるための情報学』ちくまプリマー新書、2009
  • 『スローネット IT社会の新たなかたち』春秋社、2010
  • 『生命と機械をつなぐ知 基礎情報学入門』高陵社書店、2012
  • 『集合知とは何か ネット時代の「知」のゆくえ』中公新書、2013
  • 『ネット社会の「正義」とは何か 集合知と新しい民主主義』角川選書、2014
  • 『ビッグデータと人工知能』中公新書、2016

小説作品[編集]

  • 『刺客(テロリスト)の青い花』河出書房新社、2000
  • 『1492年のマリア』講談社、2002
  • 『アメリカの階梯』講談社、2004 (ISBN 978-4062125178)
  • 『サイバーペット/ウェブ生命情報論 』千倉書房、2008
  • 『コズミック・マインド』岩波書店、2009

共編著[編集]

  • 『インターネット社会の「正しい」読み方』(牧野昇共著)PHP研究所、1996.11
  • 『思想としてのパソコン』NTT出版、1997
  • 『日本の名随筆 別巻 88 文字 』作品社、1998.6
  • 『電子貨幣論 』(NTTデータシステム科学研究所共編)NTT出版、1999.6
  • 『文化としてのIT革命』(山崎正和共編)晶文社、2000.10
  • 『インターネットで日本語はどうなるか』(ジョナサン・ルイス共著)岩波書店、2001
  • 『情報都市論』(NTTデータシステム科学研究所共編)NTT出版、2002.4
  • 『基礎情報学のヴァイアビリティ ネオ・サイバネティクスによる開放系と閉鎖系の架橋』東京大学出版会、2014

論文[編集]

  • 『多重プログラミング方式による計算機システムの資源管理最適化に関する研究』博士論文(昭和57年 東京大学)

関連項目[編集]

脚注[編集]