小川原正道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小川原 正道
(おがわら まさみち)
人物情報
生誕 (1976-09-24) 1976年9月24日(42歳)
長野県上田市
国籍 日本の旗 日本
出身校 慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了
学問
活動地域 日本
研究分野 日本政治史政治思想史
研究機関 武蔵野短期大学
イリノイ大学
武蔵野学院大学
慶應義塾大学
ハーバード大学ライシャワー研究所
マサチューセッツ工科大学
学位 博士(法学)
影響を
受けた人物
寺崎修
学会 日本政治学会
日本法政学会
明治維新史学会
慶應法学会
福澤諭吉協会
テンプレートを表示

小川原 正道(おがわら まさみち、1976年9月24日[1] - )は、日本政治学者慶應義塾大学法学部教授。専門は日本政治史政治思想史

略歴[編集]

長野県上田市出身。

1995年長野県上田高等学校卒業。 1999年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。 2001年同大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了。 2003年同博士課程修了。博士(法学)

武蔵野短期大学国際教養学科専任講師・助教授、武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部助教授・准教授などを経て、2008年慶大法学部准教授、2013年教授。

イリノイ大学ロースクール客員研究員、国際日本文化研究センター国内客員教員准教授、ハーバード大学ライシャワー研究所客員研究員、マサチューセッツ工科大学歴史学部客員研究員などを歴任。

主著[編集]

単著[編集]

  • 『大教院の研究 明治初期宗教行政の展開と挫折』(慶應義塾大学出版会, 2004年)
  • 『評伝 岡部長職 明治を生きた最後の藩主』(慶應義塾大学出版会, 2006年)
  • 『西南戦争 西郷隆盛と日本最後の内戦』(中公新書, 2007年)
  • 『近代日本の戦争と宗教』(講談社選書メチエ, 2010年)
  • 『福沢諭吉 「官」との闘い』(文藝春秋, 2011年)
  • 『福澤諭吉の政治思想』(慶應義塾大学出版会, 2012年)
  • 『明治の政治家と信仰 クリスチャン民権家の肖像』(吉川弘文館, 2013年)
  • 『日本の戦争と宗教 1899-1945』(講談社選書メチエ, 2014年)
  • 『西南戦争と自由民権』(慶應義塾大学出版会, 2017年)
  • 小泉信三 天皇の師として、自由主義者として』(中公新書, 2018年)

編著[編集]

  • 『近代日本の仏教者 アジア体験と思想の変容』(慶應義塾大学出版会, 2010年)

著書翻訳[編集]

  • (尤一唯译)『福泽谕吉与日本政府』(九州出版社,2016年)[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.306
  2. ^ 『福沢諭吉 「官」との闘い』の中国語訳

外部リンク[編集]