川口淳一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川口 淳一郎
(かわぐち じゅんいちろう)
D. Moura and J. Kawaguchi IAC 2010.jpg
2010年、第61回国際宇宙会議にて
生誕 (1955-09-24) 1955年9月24日(61歳)
日本の旗 青森県弘前市
国籍 日本の旗 日本
教育 京都大学工学部卒業
東京大学大学院
工学系研究科博士課程修了
業績
専門分野 制御システム論
応用飛行力学
勤務先 宇宙科学研究所
成果 のぞみ軌道計画考案
はやぶさの軌道計画考案
受賞歴 計測自動制御学会技術賞(1987年
日経BP賞(1991年
NASA Group Achievement Award(1993年
日本航空宇宙学会技術賞(2004年
National Space Society Space Pioneer Award(2006年
日本航空宇宙学会技術賞(2006年)
科学技術分野文部科学大臣表彰2007年
弘前市民栄誉賞(2010年
NEC C&C財団25周年記念賞(2010年)
東奥賞(2010年)
財界賞特別賞(2010年)
日本イノベーター大賞(2010年)
ベスト・ファーザー イエローリボン賞2011年
宇宙功労賞(2012年

川口 淳一郎(かわぐち じゅんいちろう、1955年9月24日 - )は、日本工学者制御システム論応用飛行力学)。学位工学博士東京大学1983年)。国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構シニアフェロー宇宙科学研究所宇宙飛翔工学研究系教授

宇宙科学研究所宇宙航行システム研究系教授、宇宙科学研究所宇宙航行システム研究系研究主幹、宇宙科学研究所深宇宙探査センターセンター長などを歴任した。

概要[編集]

青森県弘前市宇宙工学者であり、特に制御システム論応用飛行力学といった分野を専攻している。アストロダイナミクス、軌道力学、姿勢・軌道制御、航法・軌道決定論、惑星探査ミッション解析、システム制御論などの研究に従事した。宇宙科学研究所にて助手助教授を経て教授に就任し、宇宙航行システム研究系の研究主幹や深宇宙探査センターのセンター長など要職を歴任した。さらに、宇宙科学研究所を設置・運営する宇宙航空研究開発機構においては、シニアフェローを務めた。そのほか、内閣官房の宇宙開発戦略本部事務局にて局長を務めた。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

青森県弘前市生まれ。1974年青森県立弘前高等学校を卒業後、京都大学工学部機械工学科に進む。京都大学卒業後に東京大学大学院工学系研究科航空学専攻に進学した。

研究者として[編集]

1983年に東京大学大学院工学系研究科博士課程修了後、文部省宇宙科学研究所助手として着任し、1988年助教授就任を経て2000年教授に就任した。なお、宇宙科学研究所は、文部省から文部科学省を経て宇宙航空研究開発機構に移管された。宇宙科学研究所(ISAS/JAXA)においては、宇宙航行システム研究系の教授を務め、研究主幹にも就任した。また、宇宙科学研究所の深宇宙探査センターにてセンター長も兼務した。月・惑星探査プログラムグループ(JSPEC/JAXA)においては、月・惑星探査推進ディレクターを務めた。2011年8月、宇宙科学研究所を設置・運営する宇宙航空研究開発機構にて、シニアフェローとなった[1]。また、2012年から2014年にかけて、内閣官房の宇宙開発戦略本部事務局にて局長を務めた。そのほか、宇宙開発委員会の専門委員や、日本学術会議の連携委員などを務めた。

研究・業績[編集]

はやぶさ」の着陸想像図

専門は工学であり、特に制御システム論応用飛行力学といった分野の研究を手掛けている[2]

宇宙科学研究所において「さきがけ」「すいせい」「ひてん」「GEOTAIL」「のぞみ」「はやぶさ」「IKAROS」などの科学衛星ミッションに携わり、「はやぶさ」ではプロジェクトマネージャーを務めていた。「のぞみ」ミッションにおいて探査機の重量制限緩和の為に二重月スイングバイと地球パワースイングバイを併用した軌道を提案し、また、主推進器の逆止弁の故障によってパワースイングバイを行えなかった際の救出ミッションにおいて、芸術的ともいえる二重地球スイングバイを考案している[3]。また、「はやぶさ」ミッションにおいては電気推進の特性を生かした「EDVEGA」と呼ばれる航法を考案した。現在はソーラーセイルを用いた惑星探査に関する研究を行っており、「IKAROS」ミッションは川口研究室が中心となって実現した。

科学衛星ミッション以外にもロケット等の姿勢・誘導制御について研究を行っており、「M-3SIIロケット」「HIMES」「M-Vロケット」「SS-520ロケット」などに携わった。

2003年には、本人に因んで小惑星の1つに「川口淳」という名が与えられた。

学術団体としては、日本航空宇宙学会、米国航空宇宙学会(AIAA)、計測自動制御学会システム制御情報学会日本惑星科学会などに所属している。

人物[編集]

宇宙工学分野を目指したきっかけは、「アポロ計画の月探査やバイキング探査機の火星探査の見事なミッションに感銘を受けたため」だと語っている。趣味は「非常に遅くじっくり泳ぐこと」、信条は「どんなに足下を固めても、高いところに上らなければ水平線は見えて来ない」である[4]

2011年には、中山秀征杉浦太陽佐々木健介らと共にベスト・ファーザー賞を受賞した。

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『航空宇宙における制御』 畑剛、泉達司 コロナ社 1999.10 / ISBN 4-339-04424-5
  • 『人工衛星と宇宙探査機』 木田隆、小松敬治 コロナ社 2001.9 / ISBN 4-339-01223-8
  • 『ビークル(計測・制御テクノロジーシリーズ)』 金井喜美雄、計測自動制御学会編 コロナ社 2003.11 / ISBN 4-339-03363-4

特許[編集]

日本
  • ランデブ・ドッキング標的
  • スラスタ噴射時間遅れ制御器
  • 惑星表面標本採取装置
アメリカ
  • APPRATUS AND METHOD FOR CONTROLLING THRUSTER VALVE (1997)
  • SAMPLE COLLECTOR (1997)

川口をモデルにした人物を演じた俳優[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「枠を超え、壁を突破する加点法のリーダーシップとは」『川口淳一郎さんインタビュー - 日本の人事部 LEADERS(リーダーズ)』アイ・キュー。
  2. ^ 「教育職職員一覧」『ISAS | 川口 淳一郎 / 教育職 職員一覧宇宙航空研究開発機構
  3. ^ 「のぞみ」ミッションにおけるスイングバイなどの成功実績から「のぞみ」を描いた松浦晋也著の科学ドキュメンタリー「恐るべき旅路」の記載にならい、「軌道の魔術師」と称されることもある[要出典]
  4. ^ 川口 淳一郎 (who's who)

関連項目[編集]

関連機関
関連飛翔体
関連宇宙機

外部リンク[編集]