カール・ベッカー (宗教学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

カール・ベッカー(Carl B Becker、1951年4月27日[1] - )は米国宗教学者。専攻はターミナルケア医療倫理死生学宗教倫理京都大学 学際融合教育研究推進センター 政策のための科学ユニット 特任教授。

来歴・人物[編集]

アメリカイリノイ州出身。1971年プリンシピア大学卒業。1973年ハワイ大学イースト・ウエスト・センター大学院哲学研究科修士課程を修了、1981年に同大学院哲学研究科博士課程を修了し、同時に博士号を取得。南イリノイ大学哲学科助教授等を経て、京都大学教養学部助教授、同総合人間学部助教授・教授、同大学院人間・環境学研究科教授を歴任。2017年より京都大学政策のための科学ユニット特任教授に就任。

学歴・職歴[編集]

  • 1971年 6月 プリンキピア大学卒業。
  • 1973年12月 ハワイ大学イースト・ウエスト・センター大学院哲学研究科修士課程修了。
  • 1981年 8月 ハワイ大学イースト・ウエスト・センター大学院哲学研究科博士課程修了。同大学Ph. D.取得。
  • 1981年 8月 南イリノイ大学哲学科助教授就任。
  • 1983年 4月 大阪大学文学部外国人講師就任。
  • 1985年 4月 天理大学外国語学部外国人教師・助教授就任。
  • 1986年 2月 ハワイ大学教育学部助教授就任。
  • 1988年 5月 筑波大学人文学類哲学思想系外国人教師就任。
  • 1992年 4月 京都大学教養部助教授就任。
  • 1992年10月 京都大学総合人間学部助教授就任。
  • 1993年 4月 京都大学大学院人間・環境学研究科担当。
  • 1998年 4月 京都大学総合人間学部教授就任。
  • 2003年 4月 京都大学大学院人間・環境学研究科教授就任。
  • 2007年 4月 京都大学こころの未来研究センター教授就任。
  • 2017年 4月 京都大学政策のための科学特任教授就任。

(以上[2]

主な著作[編集]

単著[編集]

  • 『漢字早見帳』(開拓社)1980年
  • Japan, My Teacher, My Love(英宝社)1983年
  • Christianity: History and Thought(英宝社) 1984年
  • 『日本のターミナル・ケア』永田勝太郎編(誠信書房)1985年
  • Communication: East and West(英宝社) 1988年
  • 『死の体験』(法蔵館)1992年(韓国語、中国語、スペイン語に翻訳)
  • 『死ぬ瞬間のメッセージ』(読売)1992年
  • 『あなたが病に倒れたら』遠藤周作編(PHP)1993年
  • 『日本人の他界観』久野昭編(日文研)1994年
  • 『いのちと日本人』(白馬社)1995年
  • 『いさぎよく死ぬために』(春秋社)1996年
  • American Businessman(英宝社)1996年
  • 『比較文明学を学ぶ人のために』伊東編(世界思想社)1997年
  • After All: Issues of Life and Death(英宝社)1997年
  • 英訳Practical Ethics for Our Time, by Eiji Uehiro. Charles Tuttle, 1998年
  • 『生きる倫理・生きる論理』竹安編(京都大学学術出版)1999年
  • Asian and Jungian Views of Ethics (Westport, CT: Greenwood Press, 1999年
  • 『死が教えてくれること』(角川)2000年
  • 『脳死と臓器移植』梅原編(朝日文庫)2000年
  • 『生と死のケアを考える』(法蔵館)2000年
  • 『生命と環境』津田編(京都大学学術出版)2000年
  • Danger in Daily Life [Environmental Ethics](英宝社)2001 年
  • Time for Healing (St. Paul, MN: Paragon) 2002年
  • 『死を見つめ、今を大切に生きる』日野原編(春秋社)2002年
  • 『宗教と教育』(京都:相国寺)2003年
  • 『現代宗教〜死の現在』島薗編(東京堂出版)2004年
  • 『科学とスピリチュアリティの時代』湯浅泰雄編(BNP出版)2005年
  • 『次世代死生学論集』武川正吾編(東京大学人文社会系研究科)2006年
  • 『アジアのスピリチュアリティ』樫尾直樹編(勉誠出版)2006年
  • 『倫理的叡智を求めて』上廣哲治編(東洋館出版)2007年
  • 『サステイナブルな社会を目指して』木村武史編(春風社)2008年
  • 『いのち教育をひもとく~日本と世界』得丸定子編(現代図書)2008年
  • 『死生学とは何か』島薗進・竹内整一編(東京大学出版会) 2008年
  • 『ひびきあう生と死』日本ホスピス・在宅ケア研究会編(雲母書房)2008年
  • Never Die Alone, ed. Jonathan Watts and Yoshiharu Tomatsu. Tokyo: Jodo Shu Press, 2008年
  • 『美しい日本の医療~グローバルな視点からの再生』町淳二編(金原出版)2008年
  • 『愛する者の死とどう向き合うか:悲嘆の癒し』(晃洋書房)2008年
  • 『いのち・教育・スピリチュアリティ』(大正大学出版会)2009年
  • 『スピリチュアルペインに向き合う』窪寺俊之編(聖学院大学出版会)2011年
  • 『寄り添いの死生学』戸松義晴編(浄土宗出版)2011年 
  • JAPAN'S WISDOM: How lt Can Save the Future (英宝社)2011年
  • American and English Ideals, Revised Ed.(英宝社)2012年
  • ‘Spirituality,’ in Encyclopedia of Global Bioethics.  Ten Have, Ed. Dordrecht, Netherlands: Springer. 2016.

共著[編集]

  • (野堀拓路)『「死ぬ瞬間」のメッセージ―ある少年の臨死体験―』(読売新聞社、1992年)
  • 坂田昌彦)『「死」が教えてくれること』(角川書店、1999年)
  • アルフォンス・デーケン福間誠之柏木哲夫河野博臣)『潔く死ぬために―「臨死学」入門―』(春秋社、2005年)
  • "Economy and Environment: How to Get What we Want" in Adaptation and Mitigation Strategies for Climate Change, Ed. Sumi, A. Heidelberg: Springer, 2010.
  • “Aging, Dying, and Bereavement in Contemporary Japan” Zivljenje, smrt in umiranje v medkulturni perspektivi. Ed. Maja Milcinski. Lubljana, Slovenia: Razprave Filozofska Faculteta, 2011.
  • "Challenges of Caring for the Aging and Dying" in Buddhist Care for the Dying and Bereaved. Jonathan Watts & Yoshiharu Tomatsu, Eds. Somerville, MA: Wisdom Press, 2012年
  • 『現代文明の危機と克服』木村武史編(日本地域社会研究所) 2014年
  • 『スピリチュアルケア』鎌田東二編(ビイング・ネット・プレス)2014年
  • Taniyama, Y., Becker, C. Religious Care by Zen Buddhist Monks,” Journal of Religion & Spirituality in Social Work 33(1): 49-60, February, 2014.
  • Ando, M., Simon, G., Marquez-Wong, M., Becker, C. Bereavement life review improves spiritual well-being among American caregivers. Palliative and Supportive Care 13(2):1-7, March, 2014.
  • Tei, S., Becker, C. Kawada, R., Fujino, J., Jankowski, KF., Sugihara, G., Murai, T., Takahashi, H. "Can we predict burnout severity from empathy-related brain activity?" Nature: Translational Psychiatry, 1-7, April, 2014.  
  • Hiyoshi-Taniguchi, K., Becker, C., Kinoshita, A. “Social Workers Can Use Sense of Coherence to Predict Burnout of End-of-Life Care-Givers.” British Journal of Social Work, 44(8): 2360-2374 December, 2014.

編著[編集]

  • 『生と死のケアを考える』(法蔵館、2000年)
  • 『愛する者の死とどう向き合うか―悲嘆の癒し―』(晃洋書房、2009年)

共編著[編集]

  • (弓山達也)『いのち・教育・スピチュアリティ』(大正大学出版会、2009年)
  • 『愛する者は死なない~東洋の知恵に学ぶ癒し』(晃洋書房)2015年
  • 『愛する者をストレスから守る~瞑想の力』(晃洋書房)2015年

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.341
  2. ^ カール・ベッカー研究室

外部リンク[編集]