一番ヶ瀬康子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

一番ヶ瀬 康子(いちばんがせ やすこ、1927年1月5日 - 2012年9月5日)は、日本の社会福祉学者。元日本女子大学名誉教授。

生涯[編集]

日本女子大学校、法政大学法学部労働学科、同社会科学研究科博士後期課程修了。1966年(昭和41年)に法政大学経済学博士。博士論文は「アメリカ社会福祉発達史」。

日本女子大学教授(1995年3月定年退職)、東洋大学社会学部教授(1997年まで)、長崎純心大学人文学部教授、山野美容芸術短期大学客員教授を歴任した。日本女子大学では人間社会学部の創設者として初代学部長を務めた。

子供のころ親しんでいた馬が戦争で死んだことから獣医師を目指すが、当時は女性であることでそれは叶わず、代わりに動物愛護という点から社会福祉の道に入る。アメリカスウェーデンの社会福祉研究。実践として、高齢者福祉児童福祉障害者福祉など幅広く手掛けた。また阪神・淡路大震災からの復興にも尽力した。

日本女子大学最終講義「成瀬仁蔵の社会改良思想」は、日本女子大学定年退職を記念して編まれた論文集である一番ヶ瀬康子編著『21世紀社会福祉学』(有斐閣 1995年)に収められている。

九条科学者の会」呼びかけ人を務めていた[1]

2012年9月5日に脳梗塞のため死去[2]

主な著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「九条科学者の会」呼びかけ人メッセージ (2005.3.13)
  2. ^ 訃報:一番ケ瀬康子さん85歳=日本女子大名誉教授 毎日新聞 2012年9月12日閲覧