河合俊雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河合 俊雄(かわい としお、1957年9月30日 - )は、日本の心理学者京都大学こころの未来研究センター教授[1]財団法人河合隼雄財団代表理事。日本ユング派分析家協会副会長。

経歴[編集]

1957年に生まれる。4歳から7歳までチューリッヒで過ごす。奈良県立奈良高等学校卒業。1982年京都大学大学院教育学研究科修士課程修了。[要出典]1987年同博士課程中退、チューリヒ大学博士号取得[1]1988年カランキーニ精神科(ルガーノ、スイス)心理療法家[1]1990年ユング派分析家資格取得[要出典]甲南大学文学部社会学科助教授[1]1995年京都大学教育学部助教授[1]2004年同教育学研究科教授[1]2007年同こころの未来研究センター教授[1]

家系[編集]

父は日本におけるユング心理学の紹介者としても知られる河合隼雄(元文化庁長官)。伯父は霊長類の研究で知られる河合雅雄法学者河合幹雄桐蔭横浜大学法学部教授)とイタリア文学者の河合成雄神戸大学大学院・国際連携推進機構 国際教育総合センター教授)は弟。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『概念の心理療法 物語から弁証法ヘ 』(日本評論社、1998)
  • 『ユング 魂の現実性』(講談社、1998)。改訂版(岩波現代文庫、2015.9)
  • 『心理臨床の理論』(岩波書店、2000)
  • 『村上春樹の「物語」 夢テキストとして読み解く』(新潮社、2011)
  • 『ユング派心理療法』(ミネルヴァ書房、2013)

共編著[編集]

  • 『境界例・重症例の心理臨床』(金子書房、1998) 共著:河合隼雄、山中康裕小川捷之
  • 『心理療法と医学の接点』 (創元社、2005)共著:山中康裕
  • 『新・臨床心理学入門』 (日本評論社、2006)共著:岩宮恵子
  • 『心理臨床における個と集団』 (創元社、2007) 共著:岡田康伸桑原知子
  • 『京都「癒しの道」案内』 (朝日新聞出版、2008) 共著:鎌田東二
  • 『こころにおける身体 身体におけるこころ』 (日本評論社、2008) 編著
  • 『臨床家河合隼雄』 (岩波書店、2009) 共編: 谷川俊太郎,鷲田清一
  • 『思想家河合隼雄』 (岩波書店、2009) 共編:中沢新一
  • 『発達障害への心理療法的アプローチ』 (創元社、2010)
  • 『ギーゲリッヒ 夢セミナー』 (創元社、2013)W.ギーゲリッヒ著, 田中康裕共編

翻訳[編集]

  • ユング心理学概説 2 夢の意味 C.A.マイヤー 創元社 1989.6
  • 元型的心理学 ジェイムズ・ヒルマン 青土社 1993.9
  • ユング心理学概説 1 無意識の現れ ユングの言語連想検査にふれて C.A.マイヤー 森谷寛之共訳 創元社 1996.9
  • 魂と歴史性 ヴォルフガング・ギーゲリッヒ 監訳 日本評論社 2000.5 (ユング心理学の展開)
  • 神話と意識 講義・講演集 ギーゲリッヒ 監訳 日本評論社 2001.9 (ユング心理学の展開)
  • 日本神話と心の構造 河合隼雄ユング派分析家資格審査論文 田中康裕,高月玲子共訳 岩波書店 2009.9
  • 赤の書 C.G.ユング ソヌ・シャムダサーニ編 監訳 田中康裕,高月玲子,猪股剛訳 創元社 2010.7
  • ユング伝記のフィクションと真相 ソヌ・シャムダサーニ 監訳 田中康裕,竹中菜苗,小木曽由佳訳 創元社 2011.7
  • 日本人の心を解く:夢・神話・物語の深層へ 河合隼雄 岩波現代全書 2013.6

独書[編集]

  • Toshio kawai,Bild und Sprache und ihre Beziehung zur Welt,1988

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 河合 俊雄 Toshio Kawai|京都大学 こころの未来研究センター”. 京都大学 こころの未来研究センター. 2018年7月12日閲覧。

外部リンク[編集]