鈴木淳 (歴史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 淳(すずき じゅん、1962年 - )は、日本歴史学者東京大学人文社会系研究科日本文化研究専攻日本史学講座教授[1]。学位は博士(文学)(東京大学)[1]。専門は明治機械工業[2]

経歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 工部省とその時代』(山川出版社、2002年)
  • 『近代の史跡』<史跡で読む日本の歴史10>(吉川弘文館、2010年)

共編著[編集]

  • 西川誠松澤裕作)『幕末・維新の政治と社会』(山川出版社、2009年)
  • (小林和幸)『明治史講義 テーマ篇』(ちくま新書、2018年)
  • (小林和幸)『明治史研究の最前線』(筑摩選書、2020年)

編纂史料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 鈴木 淳” (日本語). 東京大学. 2021年2月25日閲覧。
  2. ^ 鈴木淳教授(文学部・人文社会系研究科)へのインタビュー”. 東京大学. 2021年2月25日閲覧。