鈴木淳 (歴史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 淳(すずき じゅん、1962年 - )は、日本歴史学者東京大学人文社会系研究科・文学部教授。専攻は日本近代史特に社会経済史。

東京都生まれ。1986年東大文学部国史学科卒。95年同大学院博士課程修了、「明治の機械工業」で文学博士、94年東大教養学部助手、96年専任講師、助教授、99年文学研究科助教授、2007年准教授、2013年教授。

著作[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 工部省とその時代』(山川出版社、2002年)
  • 『近代の史跡』<史跡で読む日本の歴史10>(吉川弘文館、2010年)

共編著[編集]

編纂史料[編集]

  • 小野正作)『ある技術家の回想 明治草創期の日本機械工業界と小野正作』(日本経済評論社、2005年)
  • 古川隆久劉傑共編)『第百一師団長日誌 伊東政喜中将の日中戦争』(中央公論新社、2007年)