八代嘉美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

八代 嘉美(やしろ よしみ、1976年(昭和51年)[1] - )は、日本幹細胞生物学者である。学位は博士(医学)東京大学2009年)。京都大学iPS細胞研究所上廣倫理研究部門特定准教授[2]

略歴[編集]

研究分野[編集]

人物[編集]

  • 趣味:茶道、料理、水泳、スキー、史跡めぐり[1]
  • すきなもの:SF小説、建築、インテリア、グラフィックアート、日本近現代史、プログレッシブロック、ジャズ、クラシック[1]
  • 宗教:中日ドラゴンズ[1]

著書[編集]

  • iPS細胞 世紀の発見が医療を変える』、平凡社平凡社新書、2008年7月。
    • 『増補 iPS細胞 世紀の発見が医療を変える』、平凡社新書、2011年9月。
  • 中内啓光共著、『再生医療のしくみ』、日本実業出版社、2006年12月。
  • 海猫沢めろん共著、『死にたくないんですけど――iPS細胞は死を克服できるのか』、ソフトバンクソフトバンク新書、2013年9月。

論文[編集]

  • 国立情報学研究所収録論文 国立情報学研究所
  • 八代嘉美「iPS細胞 世紀の発見が医療を変える」、2009年、2011年増補版、平凡社。
  • 八代嘉美,中内啓光「再生医療のしくみ」、2007年、日本実業出版社。
  • 八代嘉美「幹細胞研究と日本の科学技術政策」日本臨床,69(12):2251-2256. 2011
  • 八代嘉美「再生医療における生命倫理のあり方について」医薬ジャーナル, 47(9):93-95. 2011
  • Yashiro Yoshimi, Bannai Hideo, Minowa Takashi, Yabiku Tomohide, Miyano Satoru, Osawa Mitsujiro, Iwama Atsushi, Nakauchi Hiromotsu.: Transcriptional profiling of hematopoietic stem cells by high-throughput sequencing. International Journal of Hematology. 89(1):24-33. 2009

メディア[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 八代嘉美、ReaD & Researchmap。
  2. ^ 八代嘉美(准教授)、京都大学iPS細胞研究所。

外部リンク[編集]