小林和幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 和幸(こばやし かずゆき、1961年 - )は、日本の歴史学者青山学院大学文学部教授。博士(歴史学)。 専門は日本近代史、特に幕末・明治維新期から昭和戦前期の政治史および思想史。

略歴[編集]

長野県出身。長野県上田高等学校を経て、1984年青山学院大学文学部史学科卒業。1989年青山学院大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程退学。学部・大学院では沼田哲の指導を受ける。青山学院大学文学部助手、宮内庁書陵部主任研究官、駒澤大学文学部助教授を経て、現職。

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

論文[編集]

※単著に収録されたものは除く。

雑誌論文[編集]

  • 谷干城の議会開設後における対外観・外交論」(『駒沢史学』57号、2001年)
  • 「初期貴族院における「対外硬派」について」(『駒澤大學文學部研究紀要』62号、2004年)
  • 「谷干城の慶応三年」(『駒沢史学』64号、2005年)

単行本所収論文[編集]

  • 「明治初年の谷干城 谷干城における「輔弼」のかたち」(沼田哲)『明治天皇と政治家群像 近代国家形成の推進者たち(吉川弘文館、2002年)
  • 「初期貴族院多額納税者議員の政治的位置づけ」(犬塚孝明)『明治国家の政策と思想』(吉川弘文館、2005年)
  • 「近代初期の日本官僚制」(平田雅博・小名康之)『世界史のなかの帝国と官僚』(山川出版社、2009年)

外部リンク[編集]