ドミニク・チェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ドミニク・チェンDominick Chen 1981年 - )は、起業家・情報学研究者。東京生まれ。2003年カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)卒業、2006年東京大学大学院学際情報学府修士課程修了、2013年同大学院博士課程修了[1]。博士(学際情報学)。2004年よりNTT InterCommunication Centerの研究員として映像アーカイブの構築や美術展示企画に携わりながら、日本におけるクリエイティブ・コモンズの立ち上げに参加[2]。2007年よりNPO法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパン設立理事[1]。クリエイティブ・コモンズ・ライセンスを採用した多数のプロジェクトの立案・企画・支援に従事してきた[2] 。2008年4月に株式会社ディヴィデュアル[3] を設立し、ウェブ・コミュニティ「リグレト」等の企画・開発に携わる他、タイピング記録ソフトウェア『タイプトレース』のウェブへの発展形の提案で、情報処理推進機構からスーパークリエータ認定[4]。2017年4月より早稲田大学文学学術院・准教授[5]フランス国籍。吃音症である。

著書[編集]

  • 『フリーカルチャーをつくるためのガイドブック―クリエイティブ・コモンズによる創造の循環』(フィルムアート社、2012)
  • 『オープン化する創造の時代―著作権を拡張するクリエイティブ・コモンズの方法論』(カドカワ・ミニッツブック、2013)
  • 『インターネットを生命化する プロクロニズムの思想と実践』(青土社, 2013)
  • 『電脳のレリギオ:ビッグデータ社会で心をつくる』(NTT出版, 2015)
  • 『SITE/ZERO vol.3―情報生態論──いきるためのメディア』(メディアデザイン研究所、2008)(編著)

共著[編集]

  • 『いきるためのメディア―知覚・環境・社会の改編に向けて』(春秋社、2010)
  • Coded Cultures - New Creative Practices out of Diversity (Springer, 2011)
  • 『設計の設計』(INAX出版、2011)
  • 『謎床: 思考が発酵する編集術』(晶文社, 2017)

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『電脳のレリギオ:ビッグデータ社会で心をつくる』(NTT出版, 2015)
  2. ^ a b [1]ドミニク・チェンとの対話 フリーカルチャーという思想をめぐって(Wired, 2012.7.9)
  3. ^ [2] Dividual Inc.
  4. ^ [3] 情報処理推進機構「2008年度上期未踏本体 スーパークリエータとプロジェクト成果」
  5. ^ ドミニク・チェンの醸され「発酵メディア」研究”. WIRED. (2017年4月28日) 2018年1月28日閲覧。