篠田英朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
篠田 英朗
2019年12月2日、東京都新宿区にて
2019年12月2日、
東京都新宿区にて
人物情報
生誕 神奈川県
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学学士修士
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスPh.D.
学問
研究分野 政治学
研究機関 広島大学
東京外国語大学
学位 Ph.D.ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
学会 日本国際法学会
日本国際政治学会
日本平和学会
主な受賞歴 大佛次郎論壇賞(2003年)
サントリー学芸賞(2012年)
読売・吉野作造賞(2017年)
脚注
テンプレートを表示

篠田 英朗 (しのだ ひであき、1968年 - )は、日本政治学者平和学者東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。専門は国際政治学国際関係論平和構築論英語版早稲田大学政治経済学部卒業、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスPh.D.

東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授として、学部では国際社会学部を、大学院では総合国際学研究院のPeace and Conflict Studies Course/国際協力専攻を担当。国際連合などによる平和構築の政策から、国際社会の理論までの研究を手掛ける。

経歴[編集]

神奈川県出身[1]。1987年、神奈川県立多摩高等学校卒業[2]。高校時代に属した軽音楽部の同期に小沢健二がいる[3]。1991年、早稲田大学政治経済学部卒業[2]早稲田大学大学院政治学研究科に進み、在学中にカンボジアでの選挙監視団の一員として国連PKOボランティアへ参加した[2]。1993年修士課程修了後、1998年ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)より国際関係学に於いてPh.D.を取得する[2]

広島大学平和科学研究センター助手、同助教授、同准教授を経て、2013年から現職。その間、ケンブリッジ大学客員研究員(2001年)、コロンビア大学客員研究員(2002年から2003年まで)を務めた。また2007年より広島平和構築人材育成センター(HPC)を通じて、外務省委託「平和構築人材育成事業」の運営にもあたっている。

主張[編集]

受賞歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『日の丸とボランティア――24歳のカンボジアPKO要員』文藝春秋、1994年。ISBN 978-4163485409
  • 『平和構築と法の支配――国際平和活動の理論的・機能的分析』創文社、2003年。ISBN 978-4423710562
  • 『国際社会の秩序』東京大学出版会、2007年。ISBN 978-4130342513
  • 『『国家主権』という思想』勁草書房、2012年。ISBN 978-4326351602
  • 『平和構築入門―その思想と方法を問いなおす』ちくま新書、2013年。ISBN 978-4480067418
  • 『国際紛争を読み解く五つの視座 現代世界の「戦争の構造」』講談社選書メチエ、2015年。ISBN 978-4062586177
  • 『集団的自衛権の思想史――憲法九条と日米安保』風行社、2016年。ISBN 978-4862581044
  • 『ほんとうの憲法――戦後日本憲法学批判』ちくま新書、2017年。ISBN 978-4480069788
  • 『憲法学の病』新潮新書、2019年。ISBN 978-4106108228
  • 『はじめての憲法』ちくまプリマー新書、2019年。ISBN 978-4480683670
  • 『紛争解決ってなんだろう』ちくまプリマー新書、2021年。ISBN 978-4480683939

共編著[編集]

  • 上杉勇司『紛争と人間の安全保障――新しい平和構築のアプローチを求めて』(国際書院, 2005年)
  • 上念司『不安を煽りたい人たち』(ワック新書判、2020年)ISBN 978-4898318300

英文著作[編集]

  • Re-examining Sovereignty: from Classical Theory to the Global Age, Macmillan, 2000.
  • Ethics and International Relations, co-edited with Hakan Seckinelgin, Palgrave, 2001. 共著

公開対談[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]