鈴木一人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 一人
(すずき かずと)
人物情報
生誕 (1970-10-13) 1970年10月13日(48歳)
日本の旗 日本 長野県上田市
国籍 日本の旗 日本
出身校 立命館大学国際関係学部 中退
立命館大学大学院国際関係研究科博士課程 退学
サセックス大学ヨーロッパ研究所博士課程修了
学問
研究機関 北海道大学公共政策大学院
学位 サセックス大学Ph.D(現代欧州研究/国際関係)
学会 日本国際政治学会
日本政治学会
European Union Studies Association
日本国際安全保障学会
日本EU学会
日本安全保障貿易学会
日本国際安全保障学会
主な受賞歴 第34回サントリー学芸賞
国際安全保障学会最優秀新人論文賞
公式サイト
Kazuto Suzuki's Virtual Office
テンプレートを表示

鈴木 一人(すずき かずと、1970年10月13日[1] - )は、日本政治学者筑波大学大学院人文社会科学研究科准教授等を経て、北海道大学公共政策大学院教授、北海道大学大学院法学研究科・法学部兼務、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター共同研究員。

来歴[編集]

長野県上田市出身。1987年9月、千葉県立東葛飾高等学校を休学し、同年10月、父の仕事に伴い渡米してカリフォルニア州サンマリノ市立サンマリノ高等学校へ留学し、1989年6月、同高校卒業[2]

1990年4月、立命館大学国際関係学部に入学。飛び級で同大学院に進学するため、1993年3月に中退。1995年3月、同大学院国際関係研究科修士修了、同年4月、研究科博士後期課程入学。英国留学のため、翌年3月退学[2]

1996年9月、サセックス大学ヨーロッパ研究所に入学し、2000年9月、博士号取得。

2000年10月、筑波大学社会科学系専任講師を2005年3月まで、筑波大学大学院人文社会科学研究科助教授を2007年3月まで、同准教授を2008年7月まで担当。同年8月、北海道大学公共政策大学院准教授となり、2011年4月に同大学教授。2012年4月から北海道大学大学院法学研究科教授。2015年4月から北海道大学公共政策大学院教授兼北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター共同研究員[2]

専門は国際政治学国際政治経済学EU研究。2007年、「フランスとESDP-「ドゴール=ミッテラン主義」の制度化過程-」で国際安全保障学会最優秀新人論文賞受賞。2012年、『宇宙開発と国際政治』で第34回サントリー学芸賞受賞。

また、アメリカのテレビシリーズ『24 -TWENTY FOUR-』の日本語吹き替え版では監修を務めた。

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

  • 遠藤乾共編)『EUの規制力』(日本経済評論社、2012年)
  • 『技術・環境・エネルギーの連動リスク』 (シリーズ 日本の安全保障 第7巻)(岩波書店, 2015年, ISBN 4000287575

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.323
  2. ^ a b c Kazuto Suzuki's Virtual Office 経歴一覧

外部リンク[編集]