中央大学・明星大学駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中央大学・明星大学駅
駅舎(2016年10月)
駅舎(2016年10月)
ちゅうおうだいがく・めいせいだいがく
Chuo-Daigaku・Meisei-Daigaku[注 1]
所在地 東京都八王子市東中野742
所属事業者 Tama Toshi Monorail Logo.png 多摩都市モノレール
所属路線 Tama Toshi Monorail Logo.png 多摩都市モノレール線
キロ程 13.4km(上北台起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
17,639人/日(降車客含まず)
-2016年-
乗降人員
-統計年度-
35,461人/日
-2016年-
開業年月日 2000年平成12年)1月10日
テンプレートを表示
改札口(2014年4月)

中央大学・明星大学駅(ちゅうおうだいがく・めいせいだいがくえき)は、東京都八王子市東中野にある多摩都市モノレール線。周辺にある中央大学多摩キャンパスと明星大学日野キャンパスに由来する。

駅構造[編集]

2面2線の相対式ホームを持つ地上駅橋上駅舎で、駅西側はペデストリアンデッキ中央大学、東側は歩道と学内エスカレータStarway」で明星大学の校舎と直結している。同線の駅では唯一、ホームの上に駅舎がかかっている。当駅を多摩センター方面に向かって路線が下り坂になっている。

大学最寄り駅のため通学時間帯の列車到着前後は非常に混雑する。自動改札の数は多摩都市モノレールの他駅と比較すると多い方だが、(一機分だけ両方行に一方通行)それでもラッシュ時の混雑解消にはなっていない。開業当初よりも、自動改札機を1機増やしたほか、階段やエスカレータ下の倉庫スペースを撤去してホームを拡張している。改札外にファミリーマート中央大学・明星大学駅店がある。

のりば[編集]

1 Tama Toshi Monorail Logo.png 多摩モノレール線 高幡不動立川北玉川上水上北台方面
2 多摩センター方面

利用状況[編集]

2016年度の1日平均乗車人員は17,639人である[1]。同社線では、「立川北駅」「多摩センター駅」に続き3番目の規模を誇る。

開業以来の1日平均乗車人員推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員推移[2][3]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1999年(平成11年) 3,024 [4]
2000年(平成12年) 9,287 [5]
2001年(平成13年) 11,159 [5]
2002年(平成14年) 11,943 [5]
2003年(平成15年) 13,039 [5]
2004年(平成16年) 12,933 [5]
2005年(平成17年) 12,949 [5]
2006年(平成18年) 13,068 [5]
2007年(平成19年) 14,024 [5]
2008年(平成20年) 14,981 [5]
2009年(平成21年) 15,242 [5]
2010年(平成22年) 15,876 [5]
2011年(平成23年) 16,005 [5]
2012年(平成24年) 16,505 [5]
2013年(平成25年) 17,279 [5]
2014年(平成26年) 17,108 [5]
2015年(平成27年) 17,598 [5]
2016年(平成28年) 17,639 [1]

駅名決定の経緯[編集]

地名から取った仮称東中野駅として計画されていたが、立川で接続する東日本旅客鉄道中央本線にすでに東中野駅があったことにより、新名称が検討された。

当初は「中央大学」に決まりかけたものの、多摩都市モノレール軌道およびそれに付随する側道はいずれも明星大学日野キャンパスのグラウンドの一部を利用した用地であった。

新駅名称を周辺自治会および中央大学が「中央大学駅」を、明星大学が「明星大学駅」をそれぞれ主張し、地元議員・周辺自治会を巻き込んだ陳情が行われ、また一部には地名の東中野を含めてほしいという意見もあった。駅名の選定にあたっては多摩都市モノレールの役員でもあった八王子市長の意見が参考にされ、自治会・中央大学側と明星大学側に併記する妥協案を提出された。当初の駅名および自治会の意見が多かった中央大学を先に持ってくることで一応の決着を見た。

利用者の間では「中央大学駅」「中大駅」と略されることが多く、駅周辺に教室を構える資格予備校も中大校・中大駅前校と称する例が多い。明星大学側は「明星大学駅」「明星大駅」と言うことが多いが、一般的ではない。

ちなみに、最初は帝京大学も同じ駅に「帝京大学駅」を主張したが、隣の仮称大塚駅(現:大塚・帝京大学駅)にも跨っていたため、譲った。

駅周辺[編集]

駅付近

多摩モノレールと平行する多摩モノレール通り(東京都道156号町田日野線)は、当駅及び多摩動物公園駅の周辺部分は長らく道路整備が行われていたため全通しなかったが、2008年4月26日に開通し、これにより同都道が全通した。

バス路線[編集]

当駅より西寄りのトンネルの先に「中央大学」停留所(徒歩10分)がある。 また、長らくモノレール側道にはバス路線が走っていなかったが、2015年4月に多18系統が運行開始し、駅近隣に「明星大学南」停留所が設置された。 明星大学南〜多摩センター駅間はモノレールよりもバスの方が運賃は安いが運行本数が少ない。

すべて京王バス南による運行。

  • 中央大学 - 徒歩10分
    • 豊32、豊33 豊田駅南口行
    • 豊32、豊33 多摩センター駅行
    • 多13 多摩センター駅行(朝の1本のみ)
  • 明星大学南 - 徒歩2分
    • 豊33 多摩センター駅行(豊田駅南口行きは経由しない)
    • 多18 多摩センター駅行(明星大学・大塚団地循環)
  • 中大隧道 - 徒歩3分
    • 豊33 豊田駅南口行(多摩センター駅行きは経由しない)
    • 多18 多摩センター駅行(明星大学・大塚団地循環)

歴史[編集]

隣の駅[編集]

Tama Toshi Monorail Logo.png 多摩都市モノレール
Tama Toshi Monorail Logo.png 多摩都市モノレール線
多摩動物公園駅 - 中央大学・明星大学駅 - 大塚・帝京大学駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 多摩都市モノレール株式会社. “駅別乗車人員(一日平均)- 多摩モノレール (PDF)”. 2017年8月13日閲覧。
  2. ^ 東京都統計年鑑
  3. ^ 統計八王子
  4. ^ 東京都統計年鑑(平成11年) (PDF)
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 駅別乗車人員(一日平均) (PDF) - 多摩都市モノレール

注釈[編集]

  1. ^ 元町・中華街駅栂・美木多駅のローマ字表記は中黒ハイフンに置き換えるが、当駅は既に他の場所でハイフンを使用しているため、中黒をそのままローマ字表記に使用している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]