中村正則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村正則(なかむら まさのり 1948年10月29日 - )は、日本官僚宮崎県出身

来歴[編集]

東京都立日比谷高等学校を経て、1972年に中央大学法学部卒業。同年、警察庁入庁。主に警備・公安畑を歩む。同期に、安藤隆春警察庁長官)、伊藤哲朗警視総監内閣危機管理監)、岡田薫警察庁刑事局長)など。

1975年に岩手県警刑事部捜査二課長を経て、警察庁警備局外事課、香川県警警備部長兼公安課長、京都府警警備部長、内閣官房内閣情報調査室。1989年、警察庁警備局公安二課警護室長を経て、同局公安二課長。以後、香川県警本部長、内閣情報調査室出向、岐阜県警本部長を経て、1998年10月に警察庁警備局警備企画課長に就任。その後、福岡県警本部長を経て、2001年9月に警察庁刑事局暴力団対策部長に就任。2002年から翌年まで関東管区警察局長。