吉川祐二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉川 祐二(よしかわ ゆうじ、1956年6月13日 - )は、日本の元警視庁警察官埼玉県出身。薬物担当刑事。少年担当刑事。防犯コンサルタントコメンテーターオールアウト所属。

経歴[編集]

在職時は殆どの職務を経験しており、その中でも薬物捜査少年犯罪は専務員(刑事)として従事していた。 退職後は興信所を設立し、弱者救済をモットーに、在職時には出来なかった民事に関する相談を受けている。 現在は、経歴を生かし、ドラマ・映画の警察監修、報道番組情報番組におけるコメンテーターとして活動している。

埼玉県和光市出身。城北中学校・高等学校卒業後、法政大学に進学するも、1年時に中途退学し警視庁に入る。警察官を志したころから、少年係を希望、入庁後、警ら課・留置係を経て念願の少年係(事件担当)へと進んだ。その間、中央大学法学部への委託生に選抜され、警視庁委託生として同大学に進んだ。大学についてはいずれも卒業していない。その後、巡査部長に昇任し新宿警察署に昇任配置され、2か月の地域係の後、上司の推薦を受け少年係に抜擢され、少年犯罪、特に福祉犯罪の捜査にあたった。当時、薬物捜査に関しては取扱件数が日本一と言われていた保安第二係(銃器・薬物担当)に課内異動、主任刑事として、覚せい剤大麻コカインなどの薬物捜査に従事し、外国人による大量薬物の密輸犯罪などの検挙に貢献した。退職時巡査部長から警部補に。警察庁長官表彰(団体)、警視総監賞(個人)などの表彰多数。

警察官の表芸と言われる剣道については、小学一年生から始め、法政大学1年時に関東二部学生選手権において個人優勝を果たしている。警察においては常に署の代表選手として出場、全勝優勝も2度受賞(警視総監賞)している。在職時は、警視庁6段を取得、全日本剣道連盟では5段。警察において管内の少年に指導補助者として教えていた。

受賞歴[編集]

警視総監賞:25件、各部長賞:多数、警察庁長官賞(団体)、など

警察監修[編集]

テレビドラマ[編集]

その他多数

映画[編集]

その他

出演[編集]

テレビ[編集]

  • BS11
    • 「歴史科学捜査班」

ラジオ[編集]

新聞・雑誌など[編集]

外部リンク[編集]