久野修慈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

久野 修慈(ひさの しゅうじ 1936年1月22日 - )は、日本実業家塩水港精糖株式会社会長。中央大学理事長中央大学学員会会長。和菓子振興会会長。

来歴[編集]

福井県出身。福井県立藤島高等学校を経て中央大学法学部1958年に卒業。大学卒業後は法曹界を目指し、吉田久(中央大学法学部教授、元大審院判事)の書生をしていた[1]。のち進路を変更し1961年に大都魚類入社、2年後の1963年大洋漁業に転じる。大洋漁業時代には社外取締役を務めていた白洲次郎の特任秘書を20年間務めていたこともある[2]

大洋漁業在職時代には取締役、常務専務等を歴任。大洋漁業オーナーの中部謙吉の命を受けてプロ野球球団の大洋ホエールズに関わる。

久野は、本社幹部として球団の川崎球場から横浜スタジアムへの本拠地移転などの指揮を執り、その後、1986年に大洋漁業専務兼任で球団社長に就任。球団社長時代には古葉竹識を監督に招聘したり、広島東洋カープスカウト部長だった木庭教を招聘してスカウト部門の強化を図った。この頃に獲得したのが石井忠徳(石井琢朗)、谷繁元信野村弘樹といった選手であった。

1989年読売ジャイアンツの2軍監督を務めていた須藤豊を横浜大洋球団1軍監督に招聘する際には、当時の読売新聞社副社長の渡邉恒雄に直談判したことを語っている[3]

1990年に横浜大洋ホエールズ球団社長を退いた後は、塩水港精糖社長に就任、2005年からは同社会長を務める傍ら、パールエース社長も務めている。

2008年から母校の中央大学理事長に就任。

2012年中央大学横浜山手中学校の入学試験において「知人の孫を不正に合格させていた」として、報酬自主返納の処分を受ける[4]。その後、福原紀彦総長兼学長ら教職員の追求で、理事長職を解かれ退任した。しかし、その後反攻に転じ、福原総長を辞任に追い込むことや、「福原紀彦を選出した学長選挙の結果を理事会で否決する」などに一旦成功した。しかし、2018年には教職員らの支援を受けた福原が再び学長に返り咲いた[5][6]

2016年現在、中央大学学員会会長。

人物[編集]

座右の銘は、「感謝の気持、率直、熱して戦う」。趣味は読書、スポーツ。血液型A型。

役職[編集]

  • 日本精糖工業会会長
  • 全国和菓子振興会会長
  • 社団法人 食品産業センター 理事
  • 社団法人 食品流通構造改善促進機構理事
  • 中央大学 学員会会長

賞詞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 久野修慈氏(塩水港精糖株式会会長・中央大学理事長) ビジネスサークル “Activists ”インタビュー
  2. ^ 久野修慈・塩水港精糖会長に聞く 日刊水産経済新聞 2006年9月4日
  3. ^ 夕刊フジ 2011年1月7日付「気になるあの人の話題」インタビュー紙面参照。
  4. ^ 「横浜の中大付属中で不正入学 合格取り消し」(日本経済新聞)
  5. ^ [1]産経ニュース
  6. ^ 中央大学理事会報告書

外部リンク[編集]

先代:
精糖工業会会長
2005年-2016年
次代:
飯田雅明