佐藤春陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 春陽(さとう しゅんよう、1942年昭和17年)3月25日[1] - 2017年平成29年)10月28日[2])は、新宮市長。

経歴[編集]

和歌山県出身[1]中央大学法学部中退[1]和歌山県庁に入り、1999年(平成11年)に和歌山県庁を退職し、新宮市長選挙に立候補して、現職の岸順三を破り、当選した[3]。4年後の2003年(平成15年)の新宮市長選挙では再選を目指したが、元和歌山県議上野哲弘に破れ、落選した[4]

2年後の2005年(平成17年)、熊野川町との合併による新宮市の市長選に立候補、合併前の新宮市長の上野哲弘との一騎打ちとなり、3,400票余りの差で当選した[5]。2度目の新宮市長は1期務め、4年後の2009年(平成21年)の市長選挙には立候補しなかった。2017年(平成29年)死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ株式会社、2005年、247頁。
  2. ^ 『毎日新聞』2017年10月31日。
  3. ^ 選挙ドットコム 新宮市長選挙 選挙結果(1999年04月25日投票)
  4. ^ 選挙ドットコム 新宮市長選挙 選挙結果(2003年04月27日投票)
  5. ^ 選挙ドットコム 新宮市長選挙 選挙結果(2005年10月30日投票)

参考文献[編集]