美里泰伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
みさと やすのぶ
美里 泰伸
生誕 1946年(71–72歳)
日本の旗 日本 長崎県
出身校 中央大学法学部法律学科中退
職業 ジャーナリスト、ノンフィクション作家
配偶者 田丸美寿々 (ニュースキャスター)
(離別)

美里 泰伸(みさと やすのぶ、1946年11月6日-)は、日本のジャーナリストである。経済関係記事を執筆。また、アナウンサー・田丸美寿々との不倫・結婚歴がある。

人物[編集]

長崎県佐世保市生まれ。中央大学法学部法律学科中退[1]

経歴[編集]

1966年昭和41年)4月に中央大学に入学した後、学生運動に専心した[要出典]

70年安保・沖縄闘争後の1970年昭和45年)5月に通信社・ジャパンプレスに入社、同年8月には大学を退学した[1]

1972年(昭和47年)6月でジャパンプレス社を退社、フリーランスのジャーナリストとしての活動を始めた[要出典]

フリーとなった後、美里はライターとして、『週刊サンケイ』を皮切りに、次第に『週刊文春』『文藝春秋』『諸君!』、『週刊ポスト』、『週刊プレイボーイ』、『中央公論』『婦人公論』などで署名ライターとして活動した[要出典]

また、日本経済新聞社から『ドキュメント・三菱商事燃料本部』を刊行、このとき、帯の推薦文を作家の野坂昭如が書いている。日本経済新聞社からは『ドキュメント・イラン石油化学プロジェクト』も出版している。これらは柳田邦男が自著において紹介している例である。柳田は美里を財界つまり企業筋に強いライターと評している[2]右翼人脈にも強く[誰によって?]、1982年(昭和57年)には『週刊文春』に、「児玉誉士夫の戦後事件史」を7週間連載している。児玉が死去した日の通夜に、児玉邸内に入った唯一のジャーナリストは美里である(当時の週刊現代[要追加記述]が報じている)。

1983年(昭和58年)2月、当時フジテレビのアナウンサーであった田丸美寿々と不倫の末に3度目となる結婚をし、1991年(平成3年)2月に離婚。結婚前に、美里は、『週刊朝日』などに「10年経ったら離婚しても良い」などと語って、その真意をめぐり物議をかもした。『噂の眞相』1983年3月号に「“結婚宣言”でマスコミ報道の渦中の人となって…」という泰伸の手記が掲載されたことがある[3]

1985年(昭和60年)5月、妻・美寿々がミッド・キャリア・フェロー(客員研究員)として、正式にアメリカ合衆国・ニュージャージー州プリンストン大学ウッドロー・ウイルソンスクールへの留学が決まると、美里も同年6月に渡米、2か月間をシリコンバレーマウンテンビューで過ごした後、同年8月末から翌1986年7月末までの約1年間、プリンストン大学内にある大学のアパートメント施設で暮らす[要出典]

このアメリカ滞在中に、美里は日本の月刊誌『新潮45』(1985年12月号)に、総合商社安宅産業倒産の引き金となった石油業者ジョン・M・シャヒーン英語: John Shaheen)のニューヨークでの死をレポート。また、同誌の1986年3月号には、チャレンジャー号爆発事故に対する全米の反響を描いた『アメリカが爆発した日』を書いているほか、学研の雑誌に毎月連載記事を書いている。アメリカ滞在中には、単行本を2冊出版している。日本企業のアメリカ現地生産の展開の実情をレポートした『アメリカ最前線レポート 日本はアメリカで何をしているのか』(アイペック刊)、『アメリカ・マネー&ライフ』(アイペック刊)である。

帰国後、美里は日本でのジャーナリスト活動に復帰、『文藝春秋』で、フィリピンで誘拐された若王子信行三井物産マニラ支店長との独占インタビューを行っているほか、IBM産業スパイ事件に揺れる石坂東芝アメリカ社長との現地インタビューなどを行っている。また、小学館のサピオ[要追加記述]で「社長のデスクの上」という連載記事を持っていた。また、『住友処生術』(アイペック刊)、「三菱商事最高経営会議」(アイペック刊)などを出版している。

その後、美寿々のテレビ出演復帰に際し、個人事務所として有限会社美里企画(のちにオフィス・ベル)を設立し取締役となったが、投資に失敗するなどの末、閉鎖した[要出典]

離婚後、美里は仕出し弁当屋を開くなどして食いつなぎ、1995年(平成7年)末からは司法試験の勉強専念生活に入った[要出典]。この司法試験勉強中に、『週刊新潮』が1999年(平成11年)4月[要ページ番号]に「失踪中」などと報じたため、噂の眞相[要追加記述]が逆に「元気に勉強中」という1行記事を掲載した。

佐高信は美里を「自称ジャーナリスト」「ハッタリの強い、ほとんどそれだけの人物」と酷評している[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 著者紹介(美里泰伸) 「ドキュメント京都・美山健康会事件地方権力の闇を暴く」(同時代社) 2003年発行
  2. ^ 柳田邦男 『事実を見る眼』 新潮文庫 [や-8-4] ISBN 4101249040、117-124p
  3. ^ 岡留安則 『『噂の真相』編集長日誌〈1〉 “スキャンダル雑誌”創刊物語現代教養文庫 1633(D-802) ISBN 4390116339、160p。なお同書185pによると、アイペックはパシフィカ(岡留の著書『武器としてのスキャンダル』を出版した)の社長が編集者を引き連れて設立した社。
  4. ^ 佐高信 『佐高信の斬人斬書』 徳間文庫 [さ-10-7] ISBN 4198901236、232p