大原正行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大原 正行(おおはら まさゆき、1950年12月8日 - )は、日本地方公務員東京都総務局長や、東京都知事本局長、東京都教育委員会教育長東京臨海ホールディングス代表取締役社長東京臨海熱供給代表取締役社長等を歴任した。

人物・経歴[編集]

中央大学法学部卒業後、1975年東京都入庁。東京都総務局参事東京都産業労働局商工部長、東京都総務局長東京マラソン組織委員会監事東京都知事本局長等を経て、2008年から東京都教育委員会教育長を務めた[1][2][3]。2012年東京臨海ホールディングス代表取締役社長東京港埠頭代表取締役社長、東京臨海熱供給代表取締役社長[4][5]。退任後、東京都都市づくり公社理事長を経て[6][7]、2019年東京のあすを創る協会会長[8]

脚注[編集]

  1. ^ 「三宅島MCフェスティバル 時間切れ」 レスポンス2007年9月18日(火)
  2. ^ 「. 試験研究機関等共同利用電子計算システム - 」 東京都立産業技術研究 ...
  3. ^ 東京都教育長に大原正行氏 日本教育新聞2008年6月23日 1面記事
  4. ^ 事業報告 東京臨海ホールディングス
  5. ^ 「グループ経営計画 」- 東京臨海ホールディングス
  6. ^ 大原正行氏(おおはら・まさゆき=東京都都市づくり公社理事長)
  7. ^ 「教育長はこう考える 大原正行東京都教育長に聞く 地域主権改革と調整を」 時事通信社 [編] 内外教育5990
  8. ^ プロフィールPROFILE 公益社団法人 東京のあすを創る協会
先代:
髙橋功
東京都総務局長
2006年 - 2007年
次代:
押元洋
先代:
山口一久
東京都知事本局長
2007年 - 2008年
次代:
吉川和夫
先代:
中村正彦
東京都教育長
2008年 - 2012年
次代:
比留間英人
先代:
比留間英人
東京臨海ホールディングス社長
2012年 - 2016年
次代:
前田信弘
先代:
荒川満
東京臨海熱供給社長
2012年 - 2014年
次代:
細井優