細井優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

細井 優(ほそい まさる、1954年[1] - )は、東京臨海熱供給株式会社(臨海副都心熱供給を目的とした会社)の代表取締役社長[2]。元・東京都職員(スポーツ振興局局長[3])。

来歴[編集]

東京都足立区生まれ。1976年に入都。老人医療センター事務局長、知事本局政策担 当部長、オリンピック招致本部企画部長、知事本局継承調整部長[1]

退職直前まではスポーツの要職に就いた。2007年石原慎太郎直轄の都知事部局に設けられた生活文化スポーツ局スポーツ振興部の初代部長に就任。2016東京オリンピック・パラリンピック招致本部の企画部長を経て、2010年7月新設のスポーツ振興局[4]に移り、後に次長、局長[5]となった[6]2012年の「Cheer!NIPPON」副実行委員長や、東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会では理事および評議会委員も務めた[7]

2013年12月31日付で都を退職[8][9](9月に2020年オリンピックが東京に決まった)。東京臨海熱供給の代表取締役社長に就任した(前任は大原正行[10])。

脚注[編集]