松本洋明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 洋明(まつもと ひろあき、1958年10月7日 - )は、日本財務官僚税理士国税庁長官官房首席監察官や、国税庁熊本国税局長を務めた。

人物・経歴[編集]

埼玉県出身。中央大学法学部卒業後、1981年国税庁東京国税局入局[1][2][3]。2006年国税庁関東信越国税局秩父税務署[4]。国税庁東京国税局統括国税査察官[3]、国税庁東京国税局総務部国税広報広聴室長、国税庁東京国税局総務部人事第二課長を経て[5]、2016年国税庁長官官房首席監察官[4]。2018年から国税庁熊本国税局長を務め、熊本地震被災者支援施策などを行った[1][6][7][8]。2019年松本洋明税理士事務所税理士[9]。2020年矢崎総業監査役。2021年科研製薬監査役[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
先代
肥後治樹
国税庁熊本国税局長
2018年 - 2019年
次代
脇本利紀