窪木稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

窪木 稔(くぼき みのる、1954年10月28日 - )は、日本裁判官弁護士秋田地方裁判所所長や、仙台家庭裁判所所長を務めた。弁護士法人浅野総合法律事務所所属[1]

人物・経歴[編集]

東京都出身[2]東京都立新宿高等学校を経て、中央大学卒業後[3]、1984年に裁判官に任官し、以降主として民事事件を扱った。2006年東京高等裁判所判事。2009年水戸地方裁判所部総括判事。2012年東京高等裁判所判事。同年さいたま地方裁判所部総括判事。2014年静岡地方裁判所沼津支部長。2016年秋田地方裁判所所長。2018年仙台家庭裁判所所長[2]。2019年定年退官[4]

2020年弁護士法人浅野総合法律事務所入所。

裁判[編集]

脚注[編集]

先代:
小川浩
秋田地方裁判所長
2016年 - 2017年
次代:
土田昭彦
先代:
松並重雄
仙台家庭裁判所長
2018年 - 2019年
次代:
草野真人