pramo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
pramo
Pramo/万SAI堂大曲店インストアライブ.jpg
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2011年4月 -
レーベル ダースエンターテイメント
事務所 ダースエンターテイメント
共同作業者 浅野克紀
Kon-K
櫻井薫子
田辺晋太郎
齋藤優輝
Ray(藤田怜)
古今なつ
公式サイト pramo-akita.com
メンバー YUUKA
AYAKA
CHIKAKO
AOBA
RIRU
旧メンバー 卒業・移籍・活動休止メンバーを参照
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

pramo(プラモ)は、秋田県を拠点に活躍する5人組アイドルユニット。所属事務所・レーベルはダースエンターテインメント。

2010年平成22年)8月に行われたオーディションにより、「地元愛」をコンセプトに秋田在住の中学校1年生~高校3年生までの女子で結成された。

地域に密着した歌やモデル活動司会・MCメディア出演などを通じて地域活性化の手助けをする事で秋田県民の憧れとなること目的としている。

来歴[編集]

2011年(平成23年)4月より、秋田県初のローカルアイドルユニットとして「地元愛を伝えること」などをコンセプトに地元から愛されるアイドルを目指しラジオ番組を中心に秋田県を拠点にモデル活動やイベント出演などを開始した[1][2]

2012年(平成24年)3月31日にはSONOKAとMIYUが卒業、新メンバーのAOIとMISAKIが加入しSERENをリーダーとして再び5人でのpramo第2章としての活動を開始した[3][4]、同年8月4日・5日には東京・お台場特設会場で開催されたTOKYO IDOL FESTIVAL2012に初出演し好評を博した[5][6]。同年11月26日には秋田市の中心部に位置するエリアなかいち秋田市にぎわい交流館「あう」AU・多目的ホールにて初の単独ライブを開催、以後、同会場は定期ライブやイベントの拠点となっている。

2013年(平成25年)3月29日に開催された定期ライブでMARINAとYUUKAの加入を発表、同年4月27日の万SAI堂秋田店イベントでAYANOの加入を発表し[7]、過去最大の8人でのpramo第3章の活動を開始したが、同年6月15日よりMISAKIがParty Rocketsの元メンバー金野優花、辻村愛璃と共にダンスボーカルユニット「Aither(アイテール)」の活動を開始し[8]、同年10月1日には移籍を発表した[9]。また、同年8月29日付でMARINAが体調不良との理由で活動を休止[10]2014年3月31日にはAOIが卒業し、4期目を再び5人で迎えることとなった。

2014年(平成26年)6月6日に放送されたラジオレギュラー番組「プラモ+(プラス)」の中で4期生のKAHOの加入を発表し、同年6月8日にエリアなかいちで開催したpramo第6弾シングル「100%(うんめい)の確率」リリース祭のステージで初披露した[11]。pramoでは初の小学6年生のメンバーとして2014年度の活動を行った。

2015年(平成27年)3月からは5期生のWAKANA、AYAKAが加入し7名での活動をスタート[12]2016年(平成28年)2月14日の卒業ライブへの出演をもってSERENが卒業、同年2月29日に学業への専念を理由に5期生のWAKANAの契約終了を発表し、YUUKAを3代目リーダーとして再びメンバー5名で活動することとなった[13][14]。同年4月6日の「プラモ+」新年度第1回目の放送内で第6期生のCHIKAKO、AOBAの加入を発表している [15]

2016年下半期の「日本ご当地アイドル活性協会が選ぶアイドルセレクト10」に選出されている[16]

2017年4月から5人新体制としてスタートした。

他グループ・内部ユニットでの活動[編集]

ロコドル大作戦[編集]

メンバーのMAYUは2012年11月、アイドル育成オンラインカードゲーム「究極×シャッフル☆ロコドル大作戦」において全国のゲームプレイヤーの投票により選出され、スペシャルユニット「ロコドル大作戦 チーム ハイカラさん」のメンバーとしてビクターエンタテインメントよりデビューシングル「ロコドルのずっとずっと」をリリースした[17]

2013年2月1日に発表された第2期選挙においても6位で選出され[18]、スペシャルユニット「ロコドル大作戦 チーム つなぎ女子」でセカンドシングル「アイドル街道」をリリース[19]、2013年10月に発表された第3期選挙においては13位に入り「ロコドル大作戦 チーム ツンデレラガールズ チームB(仮)」のメンバーとして参加し「ツンデレラガール〜二人だけの写メ〜」をリリースした[注 1]

まゆドットこむ〜カミネンズ〜[編集]

メンバーのMAYUとKOMUGIはラジオレギュラー番組「プラモ+(プラス)」の2012夏休み企画「紙粘土で作ろう秋田!!」から生まれたユニット「まゆドットこむ〜カミネンズ〜」で、2013年7月25日にデビューシングル「KiMi Connection / HEY 彼女」をリリース[20]、2015年2月23日にはセカンドシングル「HEBANA / 乙女の心は万華鏡」を[21]、2016年11月21日にはラストシングルとなる「Japanese Dream / またね!」をリリースした。

メンバー[編集]

現在のメンバー[編集]

名前 愛称 生年月日 現年齢 出身地 イメージカラー 色種 血液型 備考
YUUKA
(ゆうか)
ゆうきゃん 2000年01月29日 17歳 潟上市 3期 水色
 
O型 3代目リーダー
AYAKA
(あやか)
あーや 2001年07月17日 16歳 秋田市 5期 桃色
 
-型
CHIKAKO
(ちかこ)
ちかちゃん 2001年06月14日 16歳 能代市 6期
 
-型
AOBA
(あおば)
あお 2003年08月29日 13歳 潟上市 6期
 
-型
RIRU
(りる)
りる 2003年02月14日 14歳 秋田市 7期
 
-型
  • 2017年7月現在
  • メンバー紹介で使われる「愛してくれなきゃこまっちゃう〜」のキャッチフレーズは日本テレビ系の音楽番組「ハッピーMusic」内の「ジモドル47」のコーナーで、ベッキーが考案したもので、「こまっちゃう」の部分を美人の代名詞である「小町」と掛けている。

卒業・移籍・活動休止メンバー[編集]

名前 愛称 生年月日
(現年齢)
出身地 血液型 加入年月日
(加入期)
卒業・移籍・活動休止日 在籍状況 備考
SONOKA
(そのか)
そのっち 1994年2月18日
(23歳)
秋田市 B型 2011年4月1日
(1期)
2012年3月31日 卒業 初代リーダー[22]
MIYU
(みゆう)
みゅうみゅう 1994年2月14日
(23歳)
秋田市 O型 2011年4月1日
(1期)
2012年3月31日 卒業
MARINA
(まりな)
まり 2000年9月7日
(16歳)
秋田市 A型 2013年3月29日
(3期)
2013年8月29日 活動休止 担当カラーは緑[23]、キャッチコピーは「pramoのおっちょこちょい[24]
体調不良との理由で2013年8月29日付で活動休止が発表された。
MISAKI
(みさき)
みぃちゃん 1999年6月3日
(18歳)
秋田市 O型 2012年3月31日
(2期)
2013年9月30日 ユニット移籍 担当カラーはピンク[25]、キャッチコピーは「pramoのエンジェル[26]
2013年10月1日付でAither専属となることが発表された。
AOI
(あおい)
あお 1995年8月30日
(21歳)
秋田市 B型 2012年3月31日
(2期)
2014年3月31日 卒業 担当カラーは青[27]、キャッチコピーは「pramoのさわやか」「pramoのボーイッシュ担当[28]
AYANO
(あやの)
あやのん 1999年10月6日
(17歳)
湯沢市 A型 2013年4月27日
(3期)
2015年3月23日 契約終了[29] 担当カラーは白[30]、キャッチコピーは「pramoのシャイニー[31]
SEREN
(せれん)
せれにゃん 1997年8月17日
(19歳)
男鹿市 A型 2011年4月1日
(1期)
2016年2月14日 卒業 担当カラーは紫、2代目リーダー
WAKANA
(わかな)
わっか 1998年6月14日
(19歳)
秋田市 -型 2015年3月
(5期)
2016年2月29日 契約終了 担当カラーは紺、キャッチコピーは「pramoの小野小町
2016年2月29日付けで学業への専念を理由に契約終了。
MAYU
(まゆ)
まーちゃん 1998年05月28日
(19歳)
秋田市
(1期)
2017年2月5日[32] 卒業 担当カラーは赤
2017年3月現在、アップアップガールズ(2)として活動[33]
KOMUGI
(こむぎ)
こむ 1998年06月22日
(19歳)
秋田市 O型
(1期)
2017年3月12日[34] 卒業
KAHO
(かほ)
かほちゃま 2002年04月6日
(15歳)
秋田市 O型
(4期)
2017年2月7日[35] 学業専念のため脱退
  • メンバーの高校卒業と同時にpramoも卒業するという事が、2017年現在までの慣例となっている。

作品[編集]

シングル[編集]

リリース日 タイトル カップリング 販売形態 規格品番 備考
1st 2011年8月8日 時代をハジメルよっ! 踊りまっしょいKOMACHI CD DACE-0001 作詞 Kon-K
作曲 Kon-K
編曲 Kon-K
2nd 2012年3月3日 ツボミ〜一期一会〜 O-So-Z ROCK!! CD DACEE-002 作詞 櫻井薫子
作曲 田辺晋太郎
編曲 齋藤優輝
3rd 2012年8月18日 祭りだぜぃ! I can,You can!〜やれば出来る〜 CD DACEE-003 作詞 Kon-K
作曲 Kon-K
編曲 Kon-K
4th 2013年1月25日 シンデレLove! Peaceful world 〜秋田の戦士きりたんぽ〜
時代をハジメルよっ!(2期ver.)通常版A
O-So-Z ROCK!!(2期ver.)通常版B
AOIコメント(AOI ver.)
KOMUGIコメント(KOMUGI ver.)
MAYUコメント(MAYU ver.)
MISAKIコメント(MISAKI ver.)
SERENコメント(SEREN ver.)
CD DACEE-004A
DACEE-004B
DACEE-004C
DACEE-004D
DACEE-004E
DACEE-004F
DACEE-004G
作詞 Kon-K
作曲 Kon-K
編曲 Kon-K
※O-So-Z ROCK!!は上記の通り
5th 2013年9月14日 Fighting Pose 街〜ありがとう〜 CD DACEE-006 作詞 Kon-K
作曲 Kon-K
編曲 Kon-K
6th 2014年6月8日 100%(うんめい)の確率 ハタハタ音頭 CD DACEE-007 作詞 古今なつ
作詞 Kon-K
作曲 Kon-K
編曲 Kon-K
7th 2015年10月17日 Brand new world けけけ CD DACEE-009 作詞 Kon-K
作曲 Kon-K
8th 2016年11月25日 ツナイデル、スパイラル。 look up! CD DACEE-010 作詞 銀ノ介・菊池マサヒデ / CAGE
作曲 銀ノ介 / CAGE

参加作品[編集]

MAYU[編集]

リリース日 タイトル アーティスト 販売形態 レーベル 規格品番 収録内容
2013年1月16日 ロコドルのずっとずっと ロコドル大作戦
チームハイカラさん
CD ビクターエンタテインメント VICL-36752 M-1:ロコドルのずっとずっと
M-2:HR 自己紹介ボイス
M-3:ロコドルのずっとずっと(HRバージョン)
M-4:フルーティー  自己紹介ボイス
M-5:ロコドルのずっとずっと(フルーティーバージョン)
M-6:pramo 自己紹介ボイス
M-7:ロコドルのずっとずっと(pramo バージョン)
M-8:ロコドルのずっとずっと(instrumental)
2013年6月19日 アイドル街道 ロコドル大作戦
チームつなぎ女子
CD ビクターエンタテインメント VICL-36804 M-1:アイドル街道 / ロコドル大作戦 チーム つなぎ女子
M-2:ロコドル・メドレー〜つなぎ大作戦〜
M-3:アイドル街道 (オリジナルカラオケ)
2013年11月6日 ツンデレラガール〜二人だけの写メ〜 ロコドル大作戦
チームツンデレラガールズ
CD ビクターエンタテインメント VICL-36847 M-1:ツンデレラガール〜二人だけの写メ〜
M-2:お願いぱんどせる
M-3:ツンデレラガール〜二人だけの写メ〜(オリジナルカラオケ)
M-4:お願いぱんどせる(オリジナルカラオケ)

MAYU・KOMUGI[編集]

リリース日 タイトル アーティスト 販売形態 レーベル 規格品番
2013年7月25日 KiMi Connection / HEY 彼女 まゆドットこむ〜カミネンズ〜 CD ダースエンターテインメント mkcd01
2015年2月22日 HEBANA / 乙女の心は万華鏡 まゆドットこむ〜カミネンズ〜 CD ダースエンターテインメント DACEE-008
2016年11月21日 Japanese Dream / またね! まゆドットこむ〜カミネンズ〜 CD ダースエンターテインメント DACEE-011

出演[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 超神ネイガー×pramo「ホジナシの野望」(2016年8月11日、AKT秋田テレビ)

映画[編集]

  • 遠くでずっとそばにいる(2013年6月15日公開、東宝) - メンバー全員が女子高生役として出演。
  • ソフテン!(2014年公開、「ソフテン!」製作委員会) - SERENが金華高校ソフトボール部の後藤役として出演。

ラジオ[編集]

  • pramo+(プラモプラス)(2011年4月4日 - 、AFMエフエム秋田
    • 1期(2011年4月4日 - 2012年3月26日、毎週月曜日19:00 - 19:30)
    • 2期(2012年4月4日 - 2013年3月27日、毎週水曜日18:30 - 18:55)
    • 3期(2013年4月3日 - 2014年3月26日、毎週水曜日18:30 - 18:55)
    • 4期(2014年4月2日 - 2015年3月25日、毎週水曜日18:30 - 18:55)
    • 5期(2015年4月1日 - 2016年3月30日、毎週水曜日18:30 - 18:55)
    • 6期(2016年4月6日 - 、毎週水曜日18:30 - 18:55) - 週1回レギュラー

ネット配信[編集]

  • pramoのゔぁっ!(2014年10月17日 - 、ニコニコ生放送、毎週木曜日18:30 - 19:00) - 初回のみ金曜日配信

CM・イメージキャラクター[編集]

  • 秋田ダイハツ販売株式会社(2010年 - )
  • 万SAI堂(2010年 - ※旧名称マンガ倉庫・秋田店・大曲店・北上店・福島店・郡山店)
  • スーパーセンターアマノ(2010年 - )
  • サークルKサンクス(2011年、2012年 - ぶっかけ中華)
  • 財団法人秋田観光コンベンション協会(2011年12月1日 - )
  • タプロス株式会社(2012年1月 - )
  • ジョージア ボールパーク秋田 2012(2012年、秋田テレビ)
  • JA共済・STOP飲酒運転(2012年10月1日 - )
  • なかいちウインターパーク(2012年12月10日 - 2013年2月17日、秋田テレビ)
  • ポークランドグループ(2013年7月1日 - )
  • 秋田オリジナル麹「あめこうじ」PR大使(2014年6月25日 - 、秋田県総合食品研究センター)[42]
  • 全国健康福祉祭あきた大会(ねんりんピック秋田)応援大使(2016年11月7日 - 、ねんりんピック秋田2017実行委員会)[43]

キャンペーン[編集]

コラボレーション[編集]

  • bonera×pramo(2014年 - )

ゲーム[編集]

  • 究極×シャッフル☆ロコドル大作戦[48](2012年8月1日 - 2014年3月5日、Yahoo!モバゲー)アイドル育成型ソーシャルゲーム/カードバトルゲーム

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ チーム ツンデレラガールズが「ツンデレラガール〜二人だけの写メ〜を担当、チーム ツンデレラガールズ チームB(仮)がゲームキャラクター"ばんどせる"をテーマにした応援ソング「お願いぱんどせる」を担当した。
  2. ^ ご当地アイドル方言歌謡選手権にて「わたしの青い鳥」の秋田弁バージョンを披露。北斗夢学院・桜組(北海道)、スマイル娘(岩手県)、りんご娘(青森県)と共演。

出典[編集]

  1. ^ とうとうプラッサから秋田初のアイドルユニットが誕生しました!”. プラッサ (2011年4月26日). 2012年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月5日閲覧。
  2. ^ “地元愛を伝えたい-秋田の少女アイドルグループ「プラモ」が活動本格化”. 秋田経済新聞. (2011年4月8日). http://akita.keizai.biz/headline/1162/ 2014年10月5日閲覧。 
  3. ^ “秋田のご当地アイドル「プラモ」の2人が卒業-最後のライブに200人”. 秋田経済新聞. (2012年4月2日). http://akita.keizai.biz/headline/1428// 2014年10月5日閲覧。 
  4. ^ “写真ニュース:本県在住アイドル「プラモ」、2人が卒業 ライブ盛況、秋田市”. 秋田魁新報 (47NEWS(よんななニュース)). (2012年4月1日). http://www.47news.jp/photo/397602.php 2014年10月5日閲覧。 
  5. ^ TOKYO IDOL FESTIVAL 2012 フォトレポート(1)”. 仙台アイドル情報ガイド (2012年8月6日). 2014年10月5日閲覧。
  6. ^ アイドル732人が集結『TIF2012』 東日本ローカルアイドル編”. 日刊SPA! (2012年8月8日). 2014年10月5日閲覧。
  7. ^ pramo第3期生!!”. pramo公式サイト (2013年4月28日). 2013年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月5日閲覧。
  8. ^ 本日より解禁”. Aither Official blog (2013年6月15日). 2014年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月5日閲覧。
  9. ^ お知らせ”. pramo公式サイト (2013年10月1日). 2013年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月9日閲覧。
  10. ^ 9月スケジュールについて”. pramo公式サイト (2013年8月29日). 2014年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月9日閲覧。
  11. ^ ★せれん★リリイベ祭り!★”. Seren's Blog (2014年6月8日). 2014年10月5日閲覧。
  12. ^ pramo活動報告”. pramo公式サイト (2015年4月4日). 2015年5月11日閲覧。
  13. ^ 第5期生WAKANA活動終了のお知らせ”. pramo公式サイト (2016年2月29日). 2016年6月14日閲覧。
  14. ^ pramo第6期目に突入!!”. pramo公式サイト (2016年4月1日). 2016年10月27日閲覧。
  15. ^ pramo第6期生加入のお知らせ”. pramo公式サイト (2016年4月7日). 2016年6月14日閲覧。
  16. ^ 日本ご当地アイドル活性協会が選ぶ未発掘アイドルセレクト10 2016年下半期版”. UtaTen (2016年12月20日). 2016年12月20日閲覧。
  17. ^ ロコドル5人がスペシャルユニットを結成、来年1月にCDリリース”. ListenJapan (2012年12月6日). 2013年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月5日閲覧。
  18. ^ 【発表】第2期選挙結果”. ロコドル大作戦公式サイト (2013年2月1日). 2013年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月5日閲覧。
  19. ^ 「ロコドル大作戦 チーム つなぎ女子」 2013年6月19日CDリリース!”. ロコドル大作戦TCG公式サイト (2013年4月26日). 2013年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月5日閲覧。
  20. ^ pramo初ユニット『まゆドットこむ〜カミネンズ〜』明日リリース!!”. pramo公式サイト (2013年7月24日). 2014年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月5日閲覧。
  21. ^ 2/23まゆドットこむ「2ndシングルリリース!」”. pramo公式サイト (2015年2月12日). 2015年2月22日閲覧。
  22. ^ そのっちブログ”. そのっちブログ. 2015年5月29日閲覧。 “秋田在住のアイドルグループ pramoの初代リーダー、SONOKAです(*・ω・*)”
  23. ^ ♪おそろにしよっっ♪”. まりのハッピーブログ! (2013年7月4日). 2015年5月29日閲覧。
  24. ^ 『七夕☆ガールズLIVE』にりんご娘、pramo、Loveit!、東北3県を代表するご当地アイドルが大集合!”. SIIG. 2015年5月29日閲覧。
  25. ^ はじまるよ♪\(^^)/”. みぃちゃんのブログ (2013年4月1日). 2015年5月22日閲覧。
  26. ^ てへっ(。≧∇≦。)”. まりのハッピーブログ! (2013年6月20日). 2015年5月22日閲覧。
  27. ^ 227.空を見上げよう。”. あおいの日記 (2012年7月16日). 2015年5月29日閲覧。
  28. ^ 「pramoに入ってくれて本当にありがとう!」2期生AOI、涙の卒業記念ライブ”. SIIG. 2015年5月29日閲覧。
  29. ^ お知らせ”. 秋田のアイドルグループ pramo(プラモ) (2015年3月23日). 2015年4月3日閲覧。
  30. ^ AYANO(あやの)とは”. タレントデータバンク. コトバンク (2015年3月23日). 2015年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月29日閲覧。
  31. ^ うれしい〜”. *あやのんのシャイニーブログ* (2013年5月1日). 2014年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月5日閲覧。
  32. ^ ≪訂正あり≫2/5(日)『秋田ダイハツ presents 「exist -MAYU LAST LIVE-」』開催について”. 秋田のアイドルグループ pramo(プラモ) (2017年1月18日). 2017年3月2日閲覧。
  33. ^ uug2_mayuのツイート (837237834398388225). 2017年3月2日閲覧。
  34. ^ 卒業ライブまであと9日!!”. オフィシャルブログ (2017年3月3日). 2017年3月3日閲覧。
  35. ^ pramo第4期生KAHOについてのお知らせ”. オフィシャルブログ (2017年3月3日). 2017年2月7日閲覧。
  36. ^ 「さんまのスーパーからくりTV」2011年9月18日(日)放送内容”. 価格.com - テレビ紹介情報. 株式会社ワイヤーアクション. 2016年11月29日閲覧。
  37. ^ 2012/06/15 放送内容”いい歌探し”系音楽番組ハッピーMUSIC ONLINE(2012年6月15日放送分)
  38. ^ 桃豚SUPERクッキン!(7月18日放送) - YouTube
  39. ^ 桃豚SUPERクッキン!(9月12日放送) - YouTube
  40. ^ 桃豚SUPERクッキン!(2014年11月14日放送) - YouTube
  41. ^ 桃豚SUPERクッキン!(2015年1月16日放送) - YouTube
  42. ^ 秋田オリジナル麹『あめこうじ』PR大使に任命して頂きました!!”. 秋田のアイドルグループ pramo(プラモ) (2014年6月25日). 2015年8月25日閲覧。
  43. ^ 応援大使に「プラモ」 来年9月、ねんりんピック秋田大会”. 秋田魁新報電子版. 秋田魁新報社 (2016年11月8日). 2016年11月27日閲覧。
  44. ^ ジモドルフェスタ2014 WINTER|東北”. ジモドルフェスタ実行委員会 (2014年1月1日). 2015年3月9日閲覧。
  45. ^ 全国「あまちゃん」マップ”. NHKオンライン (2012年8月5日). 2013年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月9日閲覧。
  46. ^ 『あまちゃん』で注目のご当地アイドル リアル“GMT48”決定”. ORICON STYLE (2013年8月5日). 2015年3月9日閲覧。
  47. ^ 恋する地元とは”. 2015年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月9日閲覧。
  48. ^ “ビクターエンタテインメント、東京ドーム、ラーニングネットワークスの3社がPCオンラインソーシャルゲーム「究極×シャッフル☆ロコドル大作戦」を共同開発、8月1日よりサービス開始。” (プレスリリース), 株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント, (2012年8月1日), http://www.jvcmusic.co.jp/company/press/2012/0801.html 2015年3月9日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式サイト[編集]

公式ブログ[編集]

公式フェイスブック[編集]

公式ツイッター[編集]

公式インスタグラム[編集]

公式Youtube[編集]

公式Showroom[編集]

卒業メンバーブログ[編集]