ベロニカは死ぬことにした (2005年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベロニカは死ぬことにした
監督 堀江慶
脚本 筒井ともみ
原作 パウロ・コエーリョ
出演者 真木よう子
音楽 アンドレア・モリコーネ
主題歌 nangi「こんな風に笑う。」
撮影 柳田裕男
編集 森下博昭
製作会社 東京映像工房
配給 日本の旗 角川映画
公開 日本の旗 2006年2月4日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ベロニカは死ぬことにした』は、2005年制作の日本映画パウロ・コエーリョ同名小説の最初の映画化作品で、舞台は日本に置き換えられている。堀江慶監督、真木よう子主演。この映画で真木は初のヌードシーンに挑んだ。主人公のベロニカは日本人女性トワになっている。配給は角川映画

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]