川越市立川越高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川越市立川越高等学校
Kawagoeichiritsu kawagoehighschool.jpg
過去の名称 埼玉県川越商業学校
埼玉県川越実科高等女学校
埼玉県川越市立高等女学校
埼玉県川越市立高等学校
埼玉県川越商業高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 川越市の旗 川越市
設立年月日 1926年大正15年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
国際経済科
情報処理科
学期 3学期制
高校コード 11208K
所在地 350-1126
埼玉県川越市旭町二丁目3番地7
北緯35度53分56.9秒東経139度28分28.8秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

川越市立川越高等学校(かわごえしりつ かわごえこうとうがっこう)は、埼玉県川越市旭町二丁目に所在する市立高等学校

県立の埼玉県立川越高等学校とは設置者が違い、学校名が似ているが、特別な関係は有していない。略称は「市立(いちりつ)川越」、市内に限れば「市立」、旧称の川越商業高校から「川商」とも。

設置学科[編集]

概要[編集]

1926年に埼玉県川越商業学校として設立された。旧称は、埼玉県川越商業高等学校(通称「川商」)であり、長らく県西部随一の商業高校として多くの人材を輩出してきたが、2002年に現校名に改称され、全日制の課程普通科国際経済科情報処理科を設置した。

生徒数は、2013年5月現在で855名(男子296名・女子559名)で、女子生徒が多い。

全般的に部活動が盛んで、特に女子バレーボール部が県内有数の強豪であるほか、野球部も1989年第71回全国高等学校野球選手権大会に出場した。その他の部活動も県大会で上位に入賞するなど活躍している。制服は男子は詰め襟、女子は県内ではやや珍しいセーラー服。女子のセーラー服は胸当てがなく、紺×白3ラインというシンプルなデザインで人気がある。

工業学校時代の1945年8月の広島市への原子爆弾投下のアメリカ政府発表放送を、同校内に置かれた同盟通信川越支局が傍受した[1]

沿革[編集]

  • 1926年大正15年) - 埼玉県川越商業学校設立
  • 1927年昭和2年) - 川越市郭町2丁目30番地(川越城二の丸跡。現在は川越市立博物館川越市立美術館が建つ)に校舎完成、移転
  • 1942年(昭和17年) - 埼玉県川越実科高等女学校設立
  • 1943年(昭和18年) - 埼玉県川越市立高等女学校と改称
  • 1944年(昭和19年) - 埼玉県川越市立工業学校に転換
  • 1946年(昭和21年) - 工業学校廃止、商業学校に復元
  • 1948年(昭和23年) - 埼玉県川越市立高等学校設立
  • 1950年(昭和25年) - 埼玉県川越商業高等学校と改称
  • 1960年(昭和35年) - 現在地へ移転
  • 2002年平成14年) - 川越市立川越高等学校と改称、学科再編

川越市立川越高等学校沿革(川越市のウェブページ)より

施設[編集]

  • テニスコートは校内にはなく、学校から徒歩で約5分の「いなげや川越旭町店」隣りに3面ある。
  • 校内にプールがないため、水泳部はない。

部活動[編集]

  • 野球部
川越商業学校時代の1930年創部。センバツ出場はないものの、1989年第71回全国高等学校野球選手権大会に初出場し、2回戦から登場して、八幡商業高校に6-2で敗れた。2013年の秋季埼玉県大会で準優勝し、33年ぶり3度目の秋季関東高校野球大会に出場したが、1回戦で横浜高校と対戦し、0-5で敗れた。
  • 女子バレーボール部
川越商業時代が特に強く、インターハイへ31回、全日本高校選手権へ31回出場している。1984年インターハイで準優勝、1989年春の高校バレーでベスト4に輝いている。

校歌[編集]

作詞:内藤益治、作曲:山取秋夫である。

著名な卒業生[編集]

進路状況[編集]

元々が商業高校だったこともあり、国際経済科情報処理科は、大学進学よりも就職や専門学校が卒業生の進路の中心である。

  • 普通科…大学68名、短大12名、専門学校21名、就職6名。(平成26年3月卒業生)
  • 情報処理科・国際経済科…大学47名、短大7名、専門学校46名、就職48名。(平成26年3月卒業生)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]