仁王 (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仁王
ジャンル ファンタジー
ゲーム
ゲームジャンル ダーク戦国アクションRPG
対応機種 PlayStation 4
開発元 コーエーテクモゲームスTeam NINJA
発売元 日本の旗 コーエーテクモゲームス
世界の旗 ソニー・インタラクティブエンタテインメント
プロデューサー シブサワ・コウ
鯉沼久史
発売日 日本の旗 2017年2月9日
アメリカ合衆国の旗 2017年2月7日
欧州連合の旗 2017年2月8日
レイティング CERO: D(17才以上対象)
ESRB: M(17歳以上)
漫画:仁王〜金色の侍〜
原作・原案など コーエーテクモゲームス
作画 片山陽介
出版社 講談社
掲載誌 別冊少年マガジン
発表号 2016年6月号 -
巻数 既刊1巻
テンプレート - ノート
プロジェクト ゲーム漫画
ポータル ゲーム漫画

仁王』(におう、Nioh)は、コーエーテクモゲームスより2017年2月9日に発売されたPlayStation 4用ゲームソフト。

概要[編集]

戦国時代の日本にたどり着いた金髪碧眼の侍「ウィリアム」(三浦按針)を主人公とするアクションRPG

「戦国死にゲー」と称される通り難易度は高く、何度も死んでゲームオーバーを繰り返すことでプレイヤーが上達していく『デモンズソウル』を始めとする所謂「死にゲー」の要素が盛り込まれている[1]。また、ハックアンドスラッシュの要素も含まれている[1]

歴史設定はそれほど厳密なものではなく、日本古来の妖怪といったファンタジー要素も含まれている。

開発経緯[編集]

2004年10月28日コーエー、シブサワコウプロダクション、黒澤プロダクションの3社による協同プロジェクト『鬼(仮称)』として制作発表が行われ、映画監督黒澤明の遺稿を元にした2006年公開予定の映画を核としたメディアミックス作品の一つとして、次世代プレイステーション(後のPlayStation 3)用ソフトとしてゲームが開発中であることを発表[2]。その後2005年5月18日にハードメーカーよりPS3が正式発表されたのを受け、コーエーのPS3参入ソフト第1弾として正式タイトル『仁王』が発表された[3]。この時点ではゲームも映画の公開に合わせて2006年に発売予定とされていた。内容についてはジャンルは「歴史アクションエンターテインメント」であり、「ロールプレイングの要素が強いアクションゲーム。仲間と協力しながら、鬼のように強い主人公が武将として活躍します」とコメントしている[4]

しかしそれ以降本作に関する発表は途絶え、映画も公開されることはなかった。東京ゲームショウ2015でのシブサワのコメントによれば、RPGとして制作を行い試行錯誤を重ねたものの、「シブサワが考える面白さに届かなかった」ため仕切り直すことになったのだという[5]。なお、『鬼(仮称)』発表の時点で「金髪碧眼の侍」は黒澤明の遺稿に描かれていたとされていたが[2]、『仁王』発売日に『週刊ファミ通』で掲載のコーエーテクモゲームススタッフインタビューにおいてシブサワは、「最初に『仁王』のプロットを作ったのは、『決戦』シリーズのシナリオを書いていたスタッフなのですが、彼が書いた“金髪碧眼の侍が戦国時代に活躍する”というコンセプトも、ブレることはありませんでした」と述べており、黒澤明については全く触れられていない[6]

2010年4月のコーエーとテクモの経営統合によるコーエーテクモゲームスの設立を経て、同年9月開催の東京ゲームショウ2010で旧テクモの開発チームであったTeam NINJAによる開発で本作を仕切り直すことを発表[7]。この時点でシブサワは「バリバリのアクションゲーム」「金髪の西洋人の侍が合戦で大活躍する内容」とコメントしている[7]。しかし、東京ゲームショウ2015時点のコメントによれば、TEAM Ninjaの代表作である『NINJA GAIDEN』に似すぎたため再び作り直すことになり[5]、情報が途絶えることになる。

2015年9月の東京ゲームショウ2015ではPS4へのプラットフォーム変更が発表。この時点でのジャンルは「ダーク戦国アクションRPG」と変わっていたが、初の実機プレイ映像が公開された[8]。2016年4月26日~5月5日にはPlayStation Networkを通じて「α体験版」の配信を行う。全世界で85万を超えるダウンロードがあり、プレイヤーアンケートの結果が開発方針へフィードバックされることになった[9]。同年8月23日から9月6日にかけて、「β体験版」の配信を行った。

2016年9月13日には、本作を2017年2月9日に世界同時発売すると発表した[10]

2017年1月20日からは、同月21日と22日の2日間(48時間)のみプレイが可能な「最終体験版」が配信された[11]

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

ウィリアム(三浦按針
- ベン・ピール
主人公、イギリス人。
徳川家康
声 - 市村正親
お勝
声 - 武井咲
服部半蔵の部下。
服部半蔵
声 - 森川智之
3代目半藏、英語が得意。
立花宗茂
声 - 花輪英司
立花誾千代
声 - 伊藤静
黒田官兵衛
声 - 多田野曜平
黒田長政
声 - 土田大
黒田官兵衛の息子。
石田三成
声 - 櫻井孝宏
島左近
声 - 藤原啓治
大谷吉継
声 - 堀内賢雄
本多忠勝
声 - 玄田哲章
井伊直政
声 - 福山潤
雑賀孫市
声 - 加瀬康之
ヤスケ
声 - リッチー・キャンベル
エドワード・ケリー
声 - 木下浩之/ニコラス・ボウルトン
天海/明智光秀
声 - 菅生隆之
陰陽師、福の師匠。
声 - 清水理沙
松永久秀
声 - 千葉繁
鳥居元忠
声 - 秋元羊介
丸目長恵
声 -
柳生石舟斎
声 - 金尾哲夫
宝蔵院胤栄
声 - 佐々木睦
猫又/白虎
声 - 麦人
小早川秀秋
声 - 宮田幸季
雪女/濃姫
声 - 田中理恵
吉川広家
声 - 中原茂
ジョン・ディー
声 -
Saoirse
声 -
Derrick
声 -
千子村正
声 - 多田野曜平
千子とめ
声 -
足利義輝
声 - 星野貴紀
司箭院興仙
声 -
坂田金時
声 -
新免武蔵
声 -
仙石秀久
声 -
声 - 中司ゆう花
織田信長
声 - 襟川陽一
伊達政宗
声 -
DLCキャラクター。
真田幸村
声 -
DLCキャラクター。

妖怪[編集]

主要スタッフ[編集]

「期待のルーキーランキングTOP10」(週刊ファミ通)[編集]

ゲーム雑誌『週刊ファミ通』では発売前のゲームの期待度を読者からのハガキ投票を基に10位まで掲示する「期待のルーキーランキングTOP10」というコーナーが存在するが、『仁王』は2005年7月15日号に初掲載されて以降、情報がほとんどなく発売中止が疑われていた時期も含めて常連としてランクインし続けていた。

ゲーム発売日に出た『週刊ファミ通』2017年2月23日号に掲載された2017年1月31日時点のデータによれば、実際に発売されるまでの12年の間、569号中540回ランクインしており、ランクイン率は実に94.9%であり、平均順位は6.09位であった。

漫画版[編集]

仁王〜金色の侍〜
別冊少年マガジン』(講談社刊)にて2016年6月号より連載中。作画担当は片山陽介。

出典[編集]

  1. ^ a b 【インタビュー】『仁王』はトレハン要素あり!プレイ時間は30~40時間想定で、日本中を旅するストーリーに インサイド 2016年6月17日
  2. ^ a b 「鬼」(仮称)総合エンターテインメントコンテンツ制作発表会 コーエーINFORMATION 2004年10月28日
  3. ^ 「仁王」(プレイステーション3)究極のアクションエンタテインメント発売決定!~シブサワ・コウ、“PS3”への意気込みを語る~ コーエーINFORMATION 2005年5月18日
  4. ^ コーエー『鬼(仮題)』発表会の詳細をレポート! ファミ通.com 2004年10月28日
  5. ^ a b 【TGS 2015】PS4「仁王」紹介ステージで実機プレイが初披露―10年の時を経て生まれた和風戦国世界でトライ&デス! Gamer 2015年9月17日
  6. ^ 「『仁王』を作れたのはファミ通読者の皆さんのおかげ」 シブサワ・コウ氏ら開発陣が『仁王』の歩みを振り返るインタビュー【完全版】(1/4)(ファミ通.com、2017年2月17日)
  7. ^ a b シブサワ・コウ×Team NINJAで『仁王』が再始動【TGS2010】 ファミ通.com 2010年9月17日
  8. ^ コーエーテクモゲームス,「仁王」をPlayStaion 4独占で,2016年内にリリースすると発表 4Gamer.net 2015年9月15日
  9. ^ 仁王α体験版アンケート集計結果 コーエーテクモゲームス
  10. ^ 「仁王」の発売日がついに決定。世界同時発売は2017年2月9日 4Game.net 2016年9月13日
  11. ^ 「仁王 最終体験版」配信決定 コーエーテクモゲームス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]