くだんのはは

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

くだんのはは』は、小松左京による短編小説。初出は『話の特集』1968年1月号。

概要[編集]

本作には、小松の戦争体験の影響が大きい[1]。小松の分身を思わせる旧制中学の生徒の語りで、超自然的で恐ろしい「くだん」にまつわる逃れがたい物語が展開される[1]

本作は、ホラーとしての評価が高く、ホラーのアンソロジーや幻想小説のアンソロジーに何度も選ばれており、人気が高い[1]。「戦後の恐怖小説の中でも、必ずベストの一つに挙げられる」、「小松左京の最も恐ろしいホラー」とも評される[2]

武川智美は、最初、作品タイトルがひらがなであることに小さな疑問を抱いていたが、読み進めるうちに大きな恐怖へと変わっていったと感想を述べている[1]手塚治虫は本作を「小松さんの傑作のひとつ」として挙げている[3]

また、「を見たものは、件を産む」という伝承は本作に発するものである[4]

あらすじ[編集]

戦時中の日本。主人公は父親とともに兵庫県芦屋市の家で暮らしていたが、空襲で家が焼けてしまう。住む場所を失い困る主人公たちであったが、かつて家の家政婦をしてくれていたお咲と偶然再会し、現在勤めている屋敷へと案内してくれる。父親は主人公を独り置いて疎開先の工場へと去って行ったが、その実は若い女との不倫のためであった。

その屋敷は空襲の危険もなく、戦況が苦しくなっているにも関わらず、食事に困らない。大きな屋敷にも関わらず住んでいる人物は、お咲、病気にかかっているという姿を見せない女の子、その女の子の母親である屋敷の主だけ。主人公は毎日を生きるのに精一杯であり、違和感は覚えるものの謎を追求しようとはしなかった。それでも、時おり、誰かの視線を感じたり、すすり泣く声を聞いたり、お咲が血のようなどろっとした物が盛られた皿や血膿の臭いがする汚れた包帯を持って奥の間に出入りするのを見かけたり、獣の毛が付いた血肉の塊を見る。女の子の母親も「広島が大変なことになる」「もうすぐ戦争が終わる」というようなわけのわからない予言を言う。

そして終戦の日。予言のせいで敗戦したのだと怒った主人公は、ついに奥の間に隠されていた病人を見ることとなった。

二十数年後、社会の空気が再び戦争中のように不穏なものへと変わって行く頃。主人公はお咲が運んでいた皿に盛られたものが何だったのか、聞いておけば良かったと思い返す。主人公には娘が産まれたが、その娘の頭には奥の間で見た女の子同様に角があった。

登場人物[編集]

主人公
昭和20年(1945年)当時、中学3年生。神戸造船所に通う工場動員。
お咲
主人公の家の元家政婦。戦争で、家が焼けてしまった主人公たちを自分が働いている屋敷に案内してくれる。

漫画化[編集]

以下のように3度、漫画化されている。

朗読[編集]

  • 白石加代子の朗読劇『百物語』で本作が読み上げられている[2][6]。1992年公演[6]
  • 橋爪功の朗読劇『ちょっぴりコワイ話』で本作が読み上げられている[2][7]。2013年公演[7]
  • 2016年毎日放送は、小松左京の生誕85年、没後5年を記念して小松の8短編をAudibleで公開した。「くだんのはは」は武川智美が朗読している[1]

備考[編集]

  • 内田百の小説に『(くだん)』があるが、小松がこれを知ったのは本作執筆の「だいぶあと」だそうである[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e MBS Audible作品一覧”. 毎日放送. 2017年9月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 「くだんのはは」など小松左京の厳選ホラーをコミカライズ! 「小松左京の怖いはなし ホラーコミック短編集【合本版】」電子コミックで発売~小松左京の手による漫画6作品も収録”. ネタとぴ (2017年7月26日). 2017年9月13日閲覧。
  3. ^ 手塚治虫『手塚治虫エッセイ集7巻』、2013年、52頁。
  4. ^ 木村功「「依って件の如し」の世界」『ホラー・ジャパネスクの現在』青弓社、2005年、68頁。
  5. ^ 呪みちるや御茶漬海苔が、小松左京のホラー短編をコミカライズ”. コミック ナタリー (2016年7月20日). 2017年9月13日閲覧。
  6. ^ a b 橋爪功 ちょっぴりコワイ話”. 水戸芸術館. 2017年9月13日閲覧。
  7. ^ a b 早稲田大学演劇博物館 現代演劇上演記録 検索結果一覧”. 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館. 2017年9月13日閲覧。
  8. ^ 事件の地平線(とり・みき著)、筑摩書房 ISBN 4-480-88800-4