和田加奈子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
和田 加奈子
出生名 和田 加奈子
別名 眞木 加奈子(本名)
生誕 (1961-10-28) 1961年10月28日(55歳)
職業 歌手作詞家
担当楽器 ボーカル
活動期間 19851991
レーベル 東芝EMI

和田 加奈子(わだ かなこ、1961年10月28日 - )は、日本の歌手・作詞家である。出生名同じ、再婚後の本名、眞木 加奈子(まき かなこ)。

人物[編集]

東京芸術大学美術学部彫刻科卒業。東芝EMI主催のコンテストでグランプリを獲得しデビュー。

大学在学中の1983年昭和58年)、バンドを結成。1985年昭和60年)11月「パッシング・スルー」でデビュー、アニメ『きまぐれオレンジ☆ロード』で「夏のミラージュ」「悲しいハートは燃えている」「あの空を抱きしめて」などが使用され人気を得る。

一般男性との結婚を機に1991年平成3年)以降は歌手活動を停止し、芸能界を引退。第1子を連れて18歳年上のフォークシンガーマイク眞木と再婚、2002年平成14年)に41歳で第2子を出産した。

2006年平成18年)6月21日に、ベスト盤となる「ゴールデン☆ベスト」が発売された。本人名のアルバムとしては4曲が初収録されている。2010年平成22年)8月29日、千葉県一宮海岸で開催されたサーファーイベントのライブに突如出演。かつての持ち歌こそ歌わなかったが、矢沢永吉「I LOVE YOU OK」レベッカ「フレンズ」などをカバー。この様子はYouTubeにも公開された。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

『ゴールデン☆ベスト』以外は全て廃盤

  • Tenderness (1986年) ※LPのみの発売(CD未発売)
    • Jealous Girl / 時に…はぐれて / Twilight Dinner / Rougeは忘れない / 1000カラットの恋人 / Passing Through / Radioがこわれた夜 / 愛を掠めるRhapsody / Feedback
  • quiet storm (1987年)
    • 砂に書かれたドキュメント / 風のOXYGEN / ピンクのトウ・シューズ / 梨の形をしたBlue / 琥珀の涙 / シナモンとブラウンシュガー / Be My J-Boy / めまい / 真昼のポーーヌ / ゴシップ・グラマー 〜空っぽのガレージ〜
  • esquisse (1987年8月)※ベスト盤+新曲
    • 夏のミラージュ / パッシング・スルー / ジェラス・ガール / Be My J-Boy / 冬のサブリナ / クリエイション・マイ・ハート / Boy / シナモンとブラウンシュガー / 時に…はぐれて
  • KANA (1987年)
    • PARTY TOWN 〜What Can I Do For You〜 / 悲しいハートは燃えている / 誕生日はマイナス1 / 不確かな I LOVE YOU / 鳥のように / SUNDAY BRUNCH / 冬の水族館 / 哀しみのヴァージン・ロード 〜Never Fall In Love〜 / MUSICに肩よせて / C・クローデルの罪
  • VOCU (1988年)
    • ママはライバル / Hellow My Radio / あの空を抱きしめて / 失恋教室 / プラモデルの翼 / ラッキー・ラブ / Asian Dream / 向かい風に / パパのJAZZ / 約束のイヴ
  • dear (1989年)
    • 赤と黒 / Dreamin' Lady / Honey Moon / If / 特別シート / 流れるように / Crecent Moon / Le Vend Doux / See You
  • DESSERTに星くずのゼリーを (1990年9月)
    • 月のHOTEL / Good Luck Factory / Convenience Boy / Baby ClassのGrandmother / 風の丘 / HEARTでふりむいて / 涙のPuddle / 想いのかけら / '90 1/8 JUNの旅
  • 約束のイヴ (1990年)※ミニアルバム
    • WHEN YOU WISH UPON A STAR / LAST CHIRISTMAS EVE / GIVE LOVE ON CHIRISTMAS DAY / 約束のイヴ 〜1990 VERSION〜
  • ゴールデン☆ベスト (2006年)※ベスト盤
    • あの空を抱きしめて / 不確かな I LOVE YOU / 鳥のように / 夏のミラージュ / 悲しいハートは燃えている / ジェニーナ / もうひとつのイエスタデイ / サルビアの花のように / Wake Up Dream(New Arrange Version) / HEARTでふりむいて / Dreamin' Lady / Lucky Love / 誕生日はマイナス1 / クリエイション・マイ・ハート / Boy / パッシング・スルー / 約束のイブ

シングル[編集]

すべて廃盤 (※はアルバムと別アレンジ。※※はアルバムと別アレンジ+歌詞も異なる)

  • パッシング・スルー(1985年11月)
  • BOY(1986年6月)
  • クリエイション・マイ・ハート(1986年9月) 作曲:坂本龍一
  • 夏のミラージュ(1987年5月)
  • 悲しいハートは燃えている(1987年)
  • 誕生日はマイナス1(1988年3月)※
  • LUCKY LOVE(1988年5月)※※ カイリー・ミノーグの1987年全英1位ヒット曲「I Should Be So Lucky」の日本語カバー。
  • あの空を抱きしめて(1988年)※
  • DREAMIN' LADY(1989年)
  • HEARTでふりむいて(1990年)
  • Wake Up Dream(New Arrange Version)(1991年)

アルバム未収録曲[編集]

  • 「NIGHT BIRD」(「誕生日はマイナス1」B面)
  • 「さよならJasmine Breeze」(「LUCKY LOVE」B面)

きまぐれオレンジ☆ロード使用曲[編集]

テレビ版

  • 「夏のミラージュ」(第1話 - 第19話エンディングテーマ)
  • 「悲しいハートは燃えている」(第20話 - 第36話エンディングテーマ)
  • 「サルビアの花のように」(挿入歌)
  • 「ジェニーナ」(挿入歌)
  • 「もうひとつのイエスタディ」(OVAエンディングテーマ)

映画版

  • 「あの空を抱きしめて」
  • 「不確かなI LOVE YOU」
  • 「鳥のように」

参加したアルバム[編集]

  • 『この愛の物語』(1987年) サントラ盤。「鳥のように」を収録。
  • BE∀T BOYS TOJO!!』(1988年) 覆面バンドBE∀T BOYSのアルバム。「SHADE OF LADY」を収録。
  • 『CLARA』(1988年) 武部聡志のアルバム。「MORNING MIST」(秋元薫共演)・「Chapter-I/Act-II/Seduction〜誘惑」を収録。
  • 『ALL WE NEED IS LOVE』(1991年) ビートルズトリビュート・アルバム。「TILL THERE WAS YOU」・「ALL YOU NEED IS LOVE」(ボーカルの一人として参加)を収録。「ALL YOU NEED IS LOVE」は、ビートルズデビュー30周年を祝して発売されたアルバム『そりゃあ、もう大騒ぎさ!』にも収録。
  • 『ピーターラビットとなかまたち 第5集』(1998年) オムニバスアルバム。「ピーターラビットとわたし〜ひげのサムエル」を収録。
  • 『ハマクラづくし』(2015年) 浜口庫之助トリビュートアルバム。「雪山の思い出」「夜霧よ今夜もありがとう」「バラが咲いた」「主婦とロマン」を収録。(「夜霧よ今夜もありがとう」をソロで歌唱)

TV出演[編集]

タイアップ[編集]

『きまぐれオレンジ☆ロード』関連のタイアップ曲は上記を参照。

  • 「パッシング・スルー」(1985年) 三菱自動車ミニカ」マスコットソング
  • 「BOY」(1986年) NHK「ベスト・サウンドII」オリジナルソング
  • 「クリエイション・マイ・ハート」(1986年) イベント「東京クリエイション'86」テーマソング
  • 「誕生日はマイナス1」(1988年) サンウェーブ「Sunfurni」CMソング
  • 「LUCKY LOVE」(1988年) フジテレビ系列TVドラマ『家と女房と男の名誉』テーマソング
  • 「DREAMIN' LADY」(1989年) ハウス食品「スープスパゲティ」CMソング
  • 「HEARTでふりむいて」(1990年) メナード化粧品「春のキャンペーン」CMソング
  • 「Wake Up Dream(New Arrange Version)」(1991年) 森永乳業ピクニック」CMソング

他アーティストによるカバーなど[編集]

  • 「あの空を抱きしめて」を、伊豆田洋之が「IN MY LIFE」という曲でカバーしている。(歌詞は異なる)
  • 作詞家の及川眠子は「パッシング・スルー」で作詞家デビュー。
  • 「誕生日はマイナス1」シングルバージョンは東芝EMI「マニュアル・ミュージック」に収録。曲の最後のアレンジがアルバムと異なる。