巴富士俊英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

巴富士 俊英(ともえふじ としひで、1971年1月27日 - )は、秋田県鹿角郡十和田町(現在の鹿角市)出身の元大相撲力士九重部屋に所属していた。本名は黒澤 俊英(くろさわ としひで)。現役時代の体格は191cm、151kg。最高位は西張出小結1992年7月場所)。得意手は左四つ、下手投げ。血液型はAB型。

来歴[編集]

農家の次男として生まれ、中学生時代は柔道と相撲の両方で活躍した。中学相撲で全国大会決勝まで進み、後の三代目若乃花と対戦。禁じ手の鯖折りを仕掛けたため反則負けとなったものの準優勝という輝かしい実績を残し1986年、元横綱北の富士が率いる九重部屋に千代の富士の内弟子として入門。同年5月場所において15歳で初土俵を踏んだ。

部屋には“昭和の大横綱”と呼ばれた千代の富士と同じく横綱の北勝海という先輩がおり、この両横綱の胸を借りて力を付けた。

幕下時代、弓取り[編集]

自身が幕下に在位していた1989年9月場所から1990年5月場所にかけて、兄弟子・千代の富士の勧めで、度胸付けのために弓取りを務めたことがあった。かつて大相撲では「弓取り力士は大成しない」というジンクスがあったが、巴富士はその後関取になり小結まで昇進している。 1990年7月、19歳の若さで新十両に昇進。弓取りは同年5月場所千秋楽が最後となった。

入幕以後[編集]

1991年1月場所では同じく19歳で新入幕を果たし、10勝を挙げていきなり敢闘賞を受賞するなど、順調な成長を見せた(ただし、同場所以降、巴富士が三賞を受賞することはなかった)。同年9月場所初日に当時関脇であった貴花田と対戦した際には14本もの懸賞が設定された。この記録は初日の関脇以下対決としては長らく平成以降最多の設定数であり続け、後の2015年1月場所初日の遠藤-逸ノ城戦で21本を記録したことでようやく更新を見た。[1]1992年から1993年の前半にかけては幕内上位まで番付を上げた。

三役昇進[編集]

1992年7月場所では新小結に昇進したが、その場所の初日において大関・小錦に敗れた後、場所前から傷めていた腰痛が悪化したため、わずか1日出場しただけでその後は休場した。結果的にこれが最初で最後の三役を務めた場所となった。

1993年以降[編集]

これ以降は、腰痛に悩んだ上に右膝も痛めるなど怪我が重なり、1993年からは番付を徐々に下げていった。同年9月場所を最後に幕内から遠ざかり、1995年5月場所を最後に十両からも陥落して、力士生活の晩年はずっと幕下以下の地位に甘んじた。特に力士の職業病とも言える糖尿病が悪化、結局は関取の地位まで復帰することはできず、さらに1998年1月場所中に右肩を痛めたのも響き、東三段目85枚目まで番付を落として全休した1998年9月場所をもって、27歳の若さで引退した。ちなみに三役経験者の三段目への陥落は栃赤城以来昭和以降4人目である。

人物[編集]

色白で朴訥な風貌、192cm・153kgの大柄な体格で非常に優れた素質を持ち、実力の開花を周囲から大きく期待されていた。投げ技が得意で、特に藤島親方(のち二子山親方・元大関・貴ノ花)が「元横綱・輪島の下手投げに似ている」と評した下手投げの強さは絶品だった。土俵際での掬い投げも得意とし、1993年3月場所では新大関の貴ノ花相手に、土俵際からの掬い投げで逆転勝ちも収めている。

しかし師匠らは「投げに頼らず、大きな体を生かして前に出る相撲を取るように」「あの投げが決まってしまうからいけない」と度々注意を促していた。大相撲には「下手投げは守りの型であるため、下手投げ力士は大成しない」という定説があるが、その通りで下半身の負傷が多いのが難点であった。北の富士の著書によると「私の知らないところで贅沢をしていた」などとも語られるような豪遊により、糖尿病を発症させたことも短命に終わった理由として挙がっている。かつて同じ学年の若乃花、そしてその弟・貴乃花という当時の大相撲の大スター兄弟と、一時期は互角に近い戦いを繰り広げたにもかかわらず、地元のファンを始めとする周囲の期待に十分応えることはできなかったのは非常に惜しまれる。

引退に際して、年寄株を取得できなかったため、日本相撲協会に残れなかった。引退後は地元に戻り、起業。農機具販売会社社長としての毎日を送る。社名の『フジトレーディング』は自身の四股名ならびに千代の富士の「富士」に因んだ物である。

大相撲では、土俵に上がった時と対戦を終えて土俵から降りる時にそれぞれ対戦相手に対して礼をするが、巴富士は幕内から陥落して以降の十両時代に1度だけ礼のやり直しをさせられたことがある。

主な戦績[編集]

  • 通算成績:354勝307敗97休 勝率.536
  • 幕内成績:112勝117敗26休 勝率.489
  • 現役在位:74場所
  • 幕内在位:17場所
  • 三役在位:1場所(小結1場所)
  • 三賞:1回
    • 敢闘賞:1回(1991年1月場所)
  • 各段優勝
    • 序二段優勝:1回(1988年7月場所)

場所別成績[編集]

巴富士 俊英
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1986年
(昭和61年)
x x (前相撲) 東序ノ口57枚目
6–1 
西序二段121枚目
6–1 
西序二段47枚目
2–5 
1987年
(昭和62年)
西序二段72枚目
5–2 
西序二段31枚目
2–2–3 
東序二段66枚目
2–5 
西序二段93枚目
6–1 
西序二段25枚目
5–2 
西三段目91枚目
1–6 
1988年
(昭和63年)
西序二段23枚目
休場
0–0–7
東序二段94枚目
休場
0–0–7
西序ノ口7枚目
6–1 
西序二段87枚目
優勝
7–0
東三段目80枚目
4–3 
東三段目57枚目
5–2 
1989年
(平成元年)
東三段目27枚目
3–4 
東三段目41枚目
5–2 
西三段目11枚目
6–1 
東幕下39枚目
6–1 
東幕下18枚目
5–2 
西幕下8枚目
2–5 
1990年
(平成2年)
西幕下21枚目
5–2 
東幕下10枚目
5–2 
東幕下5枚目
6–1 
西十両12枚目
8–7 
東十両9枚目
9–6 
東十両4枚目
8–7 
1991年
(平成3年)
西前頭15枚目
10–5
西前頭6枚目
5–10 
西前頭13枚目
8–7 
西前頭9枚目
9–6 
東前頭4枚目
0–2–13[2] 
東前頭16枚目
9–6 
1992年
(平成4年)
東前頭12枚目
8–7 
西前頭6枚目
9–6 
西前頭筆頭
8–7 
西張出小結
0–2–13[3] 
東前頭13枚目
9–6 
西前頭6枚目
10–5 
1993年
(平成5年)
東前頭2枚目
6–9 
西前頭4枚目
9–6 
西前頭筆頭
3–12 
東前頭8枚目
5–10 
西前頭13枚目
4–11 
西十両5枚目
6–9 
1994年
(平成6年)
東十両8枚目
7–8 
西十両9枚目
8–7 
西十両7枚目
9–6 
西十両3枚目
10–5 
東十両筆頭
0–3–12 
西十両12枚目
休場
0–0–15
1995年
(平成7年)
西十両12枚目
11–4 
東十両5枚目
6–9 
西十両8枚目
4–11 
西幕下筆頭
1–6 
西幕下20枚目
休場
0–0–7
西幕下59枚目
4–3 
1996年
(平成8年)
東幕下48枚目
5–2 
西幕下28枚目
4–3 
西幕下20枚目
5–2 
西幕下10枚目
5–2 
西幕下4枚目
2–5 
東幕下13枚目
5–2 
1997年
(平成9年)
東幕下5枚目
3–4 
西幕下12枚目
3–4 
西幕下19枚目
4–3 
西幕下12枚目
3–4 
西幕下19枚目
5–2 
西幕下11枚目
4–3 
1998年
(平成10年)
西幕下6枚目
2–5 
東幕下21枚目
1–6 
東幕下46枚目
0–1–6 
西三段目25枚目
休場
0–0–7
東三段目85枚目
引退
0–0–7
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 黒澤 俊英(くろさわ としひで、1986年7月場所-1988年5月場所)
  • 巴富士 俊英(ともえふじ -、1988年7月場所-1993年3月場所)
  • 巴富士 祀秀(ともえふじ -、1993年5月場所-1997年5月場所)
  • 巴冨士 俊英(ともえふじ -、1997年7月場所-1998年9月場所)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 遠藤臨戦態勢 逸ノ城戦に異例の懸賞21本 nikkansports.com 2015年1月11日9時47分 紙面から
  2. ^ 右肋骨骨折により2日目から途中休場
  3. ^ 右肋骨骨折腰部挫傷により2日目から途中休場