特定第3種漁港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
特定第3種漁港の位置(日本内)
 
 
 
 
        境      浜田   下関 博多
        
     浜田
  下関
博多
 
 
 
 
 
 
 
 
DeepPink pog.svg 特定第3種漁港

特定第3種漁港(とくていだいさんしゅぎょこう)とは、利用範囲が全国的な漁港のうち、水産業の振興のためには特に重要であるとして政令で定められた漁港。略称は「特三」。本州九州にのみ分布し、全国に13ある。

概要[編集]

戦後占領期に設定されたマッカーサー・ラインが徐々に拡大されて日本漁船遠洋漁業が可能になり、さらに朝鮮特需が始まると、太平洋日本海東シナ海の各海に面する漁港1港ずつの計3港が指定された。高度経済成長が始まると、1959年(昭和34年)度末に一気に6港が指定を受け、1968年(昭和43年)度末に2港、1972年(昭和47年)度末にも2港が指定された。1973年(昭和48年)のオイルショック以降は更なる指定は見られない。

2010年平成22年)7月1日現在、日本国内には2,914の漁港があり[1]、そのうち「特三」は13港と、全体の0.45%を占めるに過ぎないが、漁獲高は全体の約30%を占める[2]

一覧[編集]

名称 位置 面する 指定年月日
八戸漁港 青森県 八戸市 地図 本州 太平洋 1960年(昭和35年)3月21日[3]
気仙沼漁港 宮城県 気仙沼市 地図 1969年(昭和44年)3月03日[4]
石巻漁港 石巻市 地図 1973年(昭和48年)2月23日[5]
塩釜漁港 塩竈市 地図 1960年(昭和35年)3月21日[6]
銚子漁港 千葉県 銚子市 地図 1951年昭和26年)7月10日[7]
三崎漁港 神奈川県 三浦市 地図 1960年(昭和35年)3月21日[8]
焼津漁港 静岡県 焼津市 地図 1960年(昭和35年)3月21日[9]
境漁港 鳥取県 境港市 地図 日本海 1973年(昭和48年)2月23日[10]
浜田漁港 島根県 浜田市 地図 1952年(昭和27年)5月28日[11]
下関漁港 山口県 下関市 地図 1960年(昭和35年)3月21日[12]
博多漁港 福岡県 福岡市 地図 九州 1960年(昭和35年)3月21日[13]
長崎漁港 長崎県 長崎市 地図 東シナ海 1951年(昭和26年)9月07日[14]
枕崎漁港 鹿児島県 枕崎市 地図 1969年(昭和44年)3月03日[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 漁港一覧(水産庁)
  2. ^ 特三からのお知らせ(特定第三種漁港市長協議会)
  3. ^ 八戸漁港(特三水産連絡協)
  4. ^ 気仙沼港(宮城県漁業協同組合)
  5. ^ 石巻港(宮城県漁業協同組合)
  6. ^ 塩釜港(宮城県漁業協同組合)
  7. ^ 銚子漁港(特三水産連絡協)
  8. ^ 三崎漁港(特三水産連絡協)
  9. ^ 焼津漁港(特三水産連絡協)
  10. ^ 境漁港(特三水産連絡協)
  11. ^ 浜田漁港(特三水産連絡協)
  12. ^ 下関漁港(特三水産連絡協)
  13. ^ 博多漁港(特三水産連絡協)
  14. ^ 長崎漁港(特三水産連絡協)
  15. ^ 枕崎漁港(特三水産連絡協)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]