尻屋崎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尻屋崎の位置
尻屋崎の位置
尻屋崎
尻屋崎の位置

座標: 北緯41度25分50秒 東経141度27分44秒 / 北緯41.43056度 東経141.46222度 / 41.43056; 141.46222

尻屋崎(しりやざき)は、青森県下北郡東通村にある下北半島の北東端をなすである。岬の北側は津軽海峡、東側は太平洋。潮の変わり目である。 あたり一帯には寒立馬(かんだちめ)というが放牧されており、観光の要所になっている。下北半島国定公園に指定されている。尻屋崎への道にはゲートが設けられており、夜間と冬期は閉鎖される。

歴史[編集]

尻屋崎周辺の海域は、津軽海峡から太平洋へとの流れが変わりやすく、また濃いがよく発生するため、海上交通の難所として古くから恐れられ、江戸時代にはここは避けて、下北半島の物資は専ら西廻り航路北前船)で日本海経由で運ばれた。太平洋経由の江戸から北上する東廻り航路は江戸中期にようやく八戸までの交通が確保されたにすぎなかった。蝦夷地の本格的な開発は、この海域をはじめとする、安全な航路と海洋技術の開発を待たねばならなかった。 明治9年に尻屋埼灯台ができたが、明治16年から25年の間には16件の海難事故があった。また、ロシアとの戦争が予期されていた世情から、津軽海峡を封鎖されたら陸奥湾の湾口を押さえられ艦隊が行動できなくなるという観点もあった。また成田鉄四郎は尻屋崎の害を説くにあたり、自身の著書「陸奥湾之将来」の中で、地元民のおどろおどろしい蛮風を伝える「口碑」について記述している。これによると、尻屋崎沖で海難事故が起これば、地元民は船員を助けるのだが、酒食をふるまうと見せかけてしたたかに酔ったころを海に突き落とし、船の積み荷を我が物にして臨時収入としていたという。

尻屋埼灯台[編集]

尻屋埼灯台と寒立馬

尻屋崎には国内最大級の光度、53万カンデラを誇る尻屋埼灯台がある。

地質[編集]

尻屋崎には、先第三系堆積岩類として尻屋崎層群が分布する。尻屋崎層群は、スレートチャート石灰岩砂岩・緑色岩とこれらが混在した、いわゆるメランジ等からなる。緑色岩にははっきりしないが枕状溶岩の特徴がみられる。

関連項目[編集]