上野泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

上野 泰(うえの やすし、1938年 - )は、日本の造園家ランドスケープアーキテクト。おもに日本の公団団地計画・ニュータウン計画における土地利用や公園緑地設計などに関わった実績を持つ。

経歴[編集]

1938年東京生まれ。1962年、千葉大学園芸学部造園学科卒業後、近代造園研究所にて、赤羽台団地日本住宅公団の造園施設標準設計や団地計画に関わる。

1963年から1964年まで、旧武蔵工業大学工学部(現・東京都市大学講師。1977年にウエノデザイン設立。同代表。1993年から、千葉大学非常勤講師

携わった事業[編集]

著作[編集]

  • 『「課題の展開」によせて』「造園雑誌」24(3),1961年3月号
  • 『三つの「床」について : 造園デザインの新たな発展のために』「造園雑誌」24(1),1960年8月号
  • 『都市におけるみどり』(特集 建築と緑)「建築/保全」26(3),2005年1月号
  • 木村弘+井上忠佳+上野泰『緑の空間づくり』(<IFLA特集>日本の造園1965-1984 : 日本の造園活動この20年)「造園雑誌」48(4),1985年3月号
  • 『近代ランドスケープ遺産と「モダニズム」』 (特集 ランドスケープ遺産インベントリーづくりの現在―地域活動から全国展開に向けた現状と課題)「ランドスケープ研究」 74(4),2011年2月号
  • 『多摩ニュータウン落合・鶴牧地区オープンスペースの計画について』(造園学会賞受賞者業績要旨)「造園雑誌」 48(1),1984年8月号
  • 上野泰+曽宇厚之『公共空地特論講義録(平成五年度後期・千葉大学大学院)』「公共空地」研究会、1994年
  • 日本住宅公団南多摩開発局『多摩ニュータウン開発計画《自然地形案1965》報告書』1977年

参考文献[編集]

  • 進士五十八『“売れる街”という商品をデザインする 上野泰』「ジャパン・ランドスケープ」1991年8月
  • 霜田亮祐+篠沢健太『地面の構法思考 : 近代造園研究所のデザイン』 (特集 ランドスケープ現代史 : 戦後復興の創造力)「ランドスケープ研究」2012年7月号 日本造園学会
  • 宮城俊作+木下剛+霜田亮祐『初期の公団住宅におけるプレイロットの設計理論と実践』(平成13年度 日本造園学会研究発表論文集(19))「ランドスケープ研究」2001年3月号
  • 宮城俊作『ランドスケープデザインの視座』学芸出版社 2001年