吉村元男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉村 元男(よしむら もとお、1937年11月6日[1]- )は、日本の造園家環境デザイナー。 元鳥取環境大学環境情報学部環境デザイン学科教授環境学者。地域ネットワーク会議代表。NPO鳥取エコタウン2020理事長。京都市出身。同じく鳥取環境大学の教授で、京大農学部出身者は、三野徹福島義宏がいる。

経歴[編集]

京都市出身。1960年京都大学農学部林学科(造園学講座)卒業後、京都の造園家の元で修行する。1967年から大阪万国博覧会会場計画に参加。1968年環境事業計画研究所を設立、所長となる。2000年鳥取環境大学教授。1984年、鎮守の森保存修景研究で、第11回環境賞優良賞。2000年日本公園緑地協会北村徳太郎賞受賞。2008年鳥取環境大学を定年退職。

京都市歴史資料館・京都市上京区

主な作品等[編集]

  • 徳島県文化の森総合公園(川崎清 環境・建築研究所 四国建設コンサルタント 岡田新一設計事務所らと 第6回都市公園コンクール建設省都市局長賞施設部門:公園施設「天空のとりで」 1989年)
  • 新梅田シティ(1992年 1994年都市景観大賞 1993年大阪市みどりの景観賞 )
  • 新京極六角広場ろっくんプラザ (都市景観大賞景観形成事例部門小空間レベル
  • つかしん造園計画
  • 芦屋浜シーサイドタウン緑道
  • 谷平川整備計画
  • 神戸市ハーバーランド修景運河デザイン
  • 和歌山下津港親水性防波堤デザイン
  • 平城ニュータウン公園緑地計画 奈良県
  • エバーグリーン南港ポートタウン 大阪市
  • 万博記念公園(昭和53年度日本造園学会賞設計計画作品部門受賞・万博記念公園の設計他一連の造園設計)
  • 白鳥庭園「汐入の庭」(都市景観大賞入賞 名古屋市都市景観賞)
  • 滋賀県陶芸の森(第15回HIROBA作品賞 1990)
  • 京都市美術館収蔵庫増築造園計画・設計、京都市歴史資料館中庭
  • 朽木市野外音楽堂森のシンフォニー
  • 清羽亭(名古屋市)
  • 京都市リサーチパーク中庭
  • 大阪府民の森(1973)金剛生駒国定公園・生駒レクリェーションゾーン整備
  • 環びわ湖保全修景公園構想

著書[編集]

  • 『空間の生態学』小学館 100万人の創造選書 1976
  • 『都市に生きる方途 応用生態学の構想』日本放送出版協会 NHKブックス 1977
  • 『クックの小屋はごみテレビ』文研出版 文研科学の読み物 1980
  • 『水辺の計画と設計』芝原幸夫共著 鹿島出版会 1985
  • 『都市は野生でよみがえる 花と緑の都市戦略』学芸出版社 1986
  • 『エコハビタ 環境創造の都市』学芸出版社 1993
  • 『ランドスケープデザイン 野生のコスモロジーと共生する風景の創造』鹿島出版会 1995
  • 『風景のコスモロジー』鹿島出版会 SD選書 1997
  • 『地域発・ゼロエミッション 廃棄物ゼロの循環型まちづくり』学芸出版社 2000
  • 『森が都市を変える 野生のランドスケープデザイン』学芸出版社 2004
  • 『地域油田 環節都市が開く未来』鹿島出版会 2009
  • 『吉村元男の「景」と「いのちの詩」』京都通信社 シリーズ人と風と景と 2013年

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987
  2. ^ 梅田スカイビルに緑の壁…安藤忠雄さん発案 読売新聞 2013年6月18日
  3. ^ 安藤忠雄さん発案「希望の壁」巡り、著作権論争 読売新聞 2013年6月17日