都市型水害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

都市型水害(としがたすいがい)は、大都市に発生する都市特有の水害のこと。近年、日本など世界中の大都市で発生の傾向が見られる。

2004年9月の洪水、三重県津市
都市型水害の一例

要因[編集]

都市においては、地表アスファルトコンクリート舗装されており、水を浸透、吸収することができないため、下水管や雨水管で流される。しかし集中豪雨などで下水処理能力(50mm/hまで)を超える水が流入した時[1]や、河川が増水した場合に流す事が出来ず[2]、溢れて洪水となる。

他にも都市部の河川は整備で直線化されているため、氾濫した場合都市へ水が一気に流れ出してしまう。

まれではあるものの、水道管が破裂した際に発生する事がある[3]

ヒートアイランド現象[編集]

最近の傾向としてヒートアイランド現象による都市型集中豪雨の影響も強い。

被害[編集]

都市部、特に東京大阪などの大都市部では地下鉄地下街など地下構造物が多く存在し、地上が冠水すると一気に地下に流れ込んで被害が拡大する事が多い。地下室は出入り口だけではなく換気口などから浸水する事がある。扉(押し戸)は冠水すると水圧で開かなくなる恐れもあるので、大雨の際は地下に行かない方が望ましい。

電気系統の設備が浸水すると漏電短絡が起こって停電になる事もある。以前には変電所が浸水し、大規模な停電が起こった事例もあった。他にも防火シャッターなどの誤作動が考えられる。

下水道においては地下に浴室トイレがある場合逆流する事もある。他にも冠水したマンホールの蓋が浮上、流出する事例があった。また一時に大量の水が下水管に流れ込むとその圧力によってマンホールの蓋が吹き飛ぶなどして危険である。その場合、生活排水や汚水が地上に噴出することもあるため衛生にも良くないとも言える。

側溝にはまってしまい、流されて死亡するケースも多い。

対策[編集]

  • 透水性アスファルトなどによる舗装:水がある程度地中にしみこむため、それなりの効果は期待できる。
  • 調整池を設置する。
  • 浸透ます、貯留槽、緑地等の浸透貯留施設の設置[4]
  • 家庭防潮板土嚢の用意:小規模の洪水であれば時間稼ぎ程度は可能である。むろん、堤防の決壊などに対しては無力である。
  • 各人が自治体が作成したハザードマップを確認する事が望ましい。
  • 集中豪雨の際はなるべく出歩かない方が良い。側溝やマンホールの蓋が浮上、流出していることもあるので、避難時など出歩く時は杖や棒で足下を探りながら歩く事が望ましい。
  • 気象庁が発表する降水ナウキャストをチェックする。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、下水管の状況次第では、それほどの雨でなくても長雨だと溢れることもある。
  2. ^ 雨水管は水を直接河川に流す構造となっており、河川が増水した場合流すどころか逆流する場合もある。増水する目安は河川の規模にもよるが大体25 - 50mm/hと言われている。
  3. ^ 2005年8月10日六本木で起きたものや、2006年8月17日兵庫県西宮市で起こったものなど
  4. ^ [1]