降水ナウキャスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

降水ナウキャスト(こうすいナウキャスト)とは、気象庁が発表する防災気象情報のひとつ。

歴史[編集]

概要[編集]

  • 今後10分ごと1時間の雨量の予測を、10分間隔で1km2領域単位に発表する。
  • 気象庁のレーダーで観測された雨雲をアメダスなどの雨量計で補正し、雨雲の移動する方向、速度から予測されている。
  • 集中豪雨都市型水害などの災害を軽減するために用いられている。

5分毎の降水ナウキャスト[編集]

  • 今後5分ごと1時間のレーダーエコー強度の予測を、5分間隔で1km2領域単位に発表する。
  • 10分毎の降水ナウキャストとは違い、アメダスなどの雨量計による補正は行われない。

高解像度降水ナウキャスト[編集]

  • 従来は1km2領域単位の予測であったが、30分先までの5分間隔で250m四方領域単位に細かくなる(なお、30分先以降、60分先までの予報は従来どおり1km2領域単位の予測)。
  • 雨が強く降っている「強い降水域」を表示。「現在」と「30分後まで」を同時に表示できる。
  • 地図の拡大・縮小が可能。

降水短時間予報との違い[編集]

  • 降水短時間予報は30分ごとに更新されるのに対し、降水ナウキャストの予報は5分間隔(1日288回)に更新されるため、急激な雷雲の立ち上がりに即応できる。
  • ただし、地形による効果、雨雲の盛衰、数値予報は盛り込まれていないため、雨雲の発達、衰弱の予測はできない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]