環境デザイナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

環境デザイナー(かんきょうデザイナー)とは、環境デザインをおこなうデザイナー都市計画家ファニチャーデザイナー、景観計画の専門家森林保全・施業など研究家ほか。 地域の暮らし生活に携わるものや、また環境に配慮して設計を行う技師など、これらの職種の「デザイナー」は、環境デザイナーを兼ねているともいえる。

人のすみか、活動場としての環境というものからしてその範囲は幅広く、そのため環境デザインは身近なみどりからファニチャーから建造物道路(街路)や河川(水辺)公園緑地などの土木、物流などエネルギーも含めた都市の全般から、里山から森林場合によっては海中まで、その対象も幅広い。

そのため、橋梁シビックデザインの計画者や、多自然型川づくりや自然再生事業に取り組む事業者も、環境デザイナーに含むことができる。ただし、デザインという語そのものが美術的な計画を指すものであるので、そのような専門性を求められる分野である。

ちなみに、個別の設計的な業務よりも、環境アセスメント的な業務(環境評価)や調査解析、各種環境関係の規制法令に基づく助言を中心に行う場合には、環境コンサルタントと呼ばれる職能が存在する。

主な環境デザイナー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]