景観生態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

景観生態学(けいかんせいたいがく、英語:landscape ecology)は、景観を研究対象とした生態学ドイツ地理学者カール・トロールにより1938年に創出された[1]。景観の諸特性と潜在的な価値を評価し、土地利用に応用することをその目的とする実学として発展した。この分野の研究対象は、人間活動の影響が少ない自然域の景観とともに人間活動の影響が多く反映している都市域の景観を含む。

自然科学の枠を超える様々な方面からのアプローチが必要であると言われているが、その研究は世界的にもまだ少なく規模も小さい。

専門用語[編集]

  • パッチ(patch) … 周辺とはその性質や見かけが異なる表面のこと。
  • 周縁(edge) … 景観上異なる土地被覆型または生態系が隣接するところ。
  • 緑の回廊
  • 生息地分断化

参考文献[編集]

  1. ^ M.G.Turner, R.H.Gardner, R.V.O'Neill(著者)中越信和・原慶太郎(監訳) 『景観生態学:生態学からの新しい景観理論とその応用』 文一総合出版2004年9月14日ISBN 4-8299-1062-3

外部リンク[編集]