モハーヴェ空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モハーヴェ空港&宇宙港
Mojave Airport & Spaceport
Kluft-photo-aerial-Mojave-Spaceport-Sept-2009-Img 0227.jpg
in 2009
IATA: MHVICAO: KMHV
概要
空港種別 公営
運営者 カーン郡
供給都市 Mojave, CA
標高 2,791 ft / 851 m
座標 北緯35度03分34秒 西経118度09分06秒 / 北緯35.05944度 西経118.15167度 / 35.05944; -118.15167
ウェブサイト mojaveairport.com
地図s
MHV - FAA airport diagram
Mojave Air and Space Port Layout
MHVの位置
MHV
Location of airport in California
滑走路
方向 全長 表面
ft m
12/30 12,503 3,811 舗装
08/26 7,050 2,149 舗装
04/22 4,743 1,446 舗装

モハーヴェ空港 & 宇宙港 (Mojave Airport & Spaceport)は、アメリカカリフォルニア州モハーヴェ砂漠にある空港である。

概要[編集]

実験及び開発拠点[編集]

1935年に開港し、第二次世界大戦中の1942年海兵隊の訓練基地となった。その後1972年に民間に運営が戻され、軍民問わず様々な航空機の実験及び開発の拠点として運営されている。

3本の滑走路を持つ大規模な空港であり、旅客機をはじめとした航空機の整備の施設や訓練施設も置かれているが、1980年代より定期便の運航はないこともあり、旅客ターミナルは置かれていない。周辺は砂漠であるため、廃棄予定の航空機の駐機場の地面も舗装されていない。

宇宙港[編集]

空港内には無数の機体が並ぶ

モハーヴェ空港は、イギリスヴァージン・グループ傘下のヴァージン・ギャラクティック社と、航空機開発を行うスケールド・コンポジッツ社による、宇宙旅行の宇宙船の開発拠点が置かれていることでも知られ、「Airport(空港)」と同時に、「Spaceport(宇宙港)」という名前となっている。

飛行機の墓場[編集]

現在は砂漠の利点(年間降水量150mm以下で周囲に住宅地がない)を生かし、売却の途上での一時保管や部品取り用、もしくは廃棄予定の航空機が多数保管されている。

現在は、マクドネル・ダグラスDC-9DC-10ボーイング747-100/200/300やボーイング737-200/300、エアバスA300BAe 146などの機齢25-35年程度の経年機が多く保管、もしくは廃棄待ちされており、中にはダグラスDC-8ボーイング707ボーイング727などの1960年代に製造された機体や、1990年代に製造されたボーイング757ボーイング767ボーイング747-400エアバスA310エアバスA320などの比較的新しい機体も駐機されている。

そのため、「飛行機の墓場」との異名を持ち、写真撮影のため世界中から旅客機マニアが多く集まる。また広大な土地ながらロサンゼルスの100km圏内という好立地と、航空機で大型機材を直接搬入できるという利便性の高さから、「ダイ・ハード2」や「S.W.A.T.」、「24」など、様々なアクション映画テレビシリーズの撮影場所としても使用されており、空港事務所でもロケ専用の窓口を用意して対応している。

その他の施設[編集]

IFTAのビーチクラフトA36

訓練設備[編集]

全日本空輸パイロットの訓練施設「International Flight Training Academy:IFTA(Base APO: Meadows Field Airport)」の訓練で利用する空港の一つで、全日空の塗装を施されたビーチクラフトA36「ボナンザ」が飛行訓練で訪れることがある。なおモハーヴェ空港内には、かつて全日空が使用していた廃棄待ちの機体も保管されている。

ゲートガード[編集]

モハーヴェ空港のゲートガードとして、空港のロゴが入ったコンベア990型機が駐機している。なおこの機材はNASAで実験機として使用されていたもので、世界でも数少ない原形をとどめるコンベア990型機の1つである。

交通[編集]

航空機[編集]

民間空港なので、許可を取れば自家用機の乗り入れは可能。定期便は存在しない。

[編集]

カリフォルニア州内のロサンゼルス市内からは約100km圏内にある。ロサンゼルスから州間高速道路5号線を北上、途中のジャンクションからカリフォルニア州道14号線に入り、しばらくしてまたカリフォルニア州道58号線に乗り換えてしばらく進んだ場所にある。陸路は150km程度でほぼ直線であり、公式サイトでは片道90分とアナウンスしている。

宿泊施設[編集]

空港周辺にはレストランや「サブウェイ」などのファストフード店がいくつか存在するため、空港の職員らは食事のためにロサンゼルスまで移動する必要がない。また「モーテル8」などホテルも多数存在する。

参考文献[編集]

  • FLY! FLY! FLY!
    • 「飛行機の墓場 モハベ空港」 (DVD)、ポニーキャニオン

関連項目[編集]

リンク[編集]