パームングプーク発射所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パームングプーク発射所(Pameungpeuk)はインドネシアジャワ島西部に存在するロケット発射場

概要[編集]

1965年太陽活動小期観測年(IQSY)のために日本カッパロケットK-8Iインドネシア国立航空宇宙研究所(LAPAN)に輸出された。10機がインドネシア国内へ持ち込まれ、そのうち3機が同年8月7日、11日、17日にここから打ち上げられた。残りの7機については打ち上げ記録が残っていない。

その後は1987年からRX-250-LPNの打上げが継続して行われ、2008年にはRX-3202009年にはRX-420の打ち上げが行われている。

参考文献[編集]

座標: 南緯7度38分47秒 東経107度41分18秒 / 南緯7.6464度 東経107.6882度 / -7.6464; 107.6882