御成門駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
御成門駅
A6出入口(2010年12月5日)
A6出入口(2010年12月5日)
おなりもん - Onarimon
(東京タワー前)
I 05 芝公園 (0.7km)
(1.1km) 内幸町 I 07
所在地 東京都港区西新橋三丁目24-6
駅番号 I 06
所属事業者 PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局都営地下鉄
所属路線 I 三田線
キロ程 5.3km(目黒起点)
電報略号 御(駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
39,370人/日
-2011年-
開業年月日 1973年昭和48年)11月27日
ホーム壁面の駅名標。「(東京タワー前)」と表記される(2009年11月2日)。

御成門駅(おなりもんえき)は、東京都港区西新橋三丁目にある東京都交通局都営地下鉄三田線。「東京タワー前」の副称が付いている。駅番号I 06

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線の地下駅である。軌道壁は青色である。エスカレーターエレベーターを含めて合計6つの出入口がある。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 I 都営三田線 三田白金高輪目黒東急線方面
2 I 都営三田線 日比谷巣鴨西高島平方面

芝公園側に引き上げ線がある。2008年6月22日のダイヤ改正までのラッシュ時には白金高輪駅の処理能力が限界になるため、一部の列車が当駅で折り返していた。現在でもダイヤが乱れた時には同駅で運転を打ち切り、折り返しすることがある(ただし同改正以降、それまでの巣鴨発着のいたばし花火大会の臨時列車が御成門発着に延長されたため、年1回ながらも御成門折り返しの営業列車は残されている)。また、回送列車と試運転列車の一部も折り返している。夜間は列車が1本留置される。

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員は40,755人(乗車人員 20,045人、降車人員 20,710人)である[1]。各年度の1日平均乗降・乗車人員数は下表のとおり。

年度 都営地下鉄 出典
1日平均
乗降人員[2]
1日平均
乗車人員
1990年(平成02年) 20,622 [3]
1991年(平成03年) 21,109 [4]
1992年(平成04年) 21,118 [5]
1993年(平成05年) 20,822 [6]
1994年(平成06年) 20,126 [7]
1995年(平成07年) 19,210 [8]
1996年(平成08年) 19,104 [9]
1997年(平成09年) 19,545 [10]
1998年(平成10年) 19,178 [11]
1999年(平成11年) 18,074 [12]
2000年(平成12年) 18,584 [13]
2001年(平成13年) 19,118 [14]
2002年(平成14年) 19,433 [15]
2003年(平成15年) 38,808 18,981 [16]
2004年(平成16年) 38,600 18,860 [17]
2005年(平成17年) 39,824 19,466 [18]
2006年(平成18年) 40,400 19,748 [19]
2007年(平成19年) 40,967 19,984 [20]
2008年(平成20年) 41,194 20,224 [21]
2009年(平成21年) 40,747 20,057 [22]
2010年(平成22年) 40,158 19,778 [23]
2011年(平成23年) 39,369 19,361 [24]
2012年(平成24年) 40,664 19,945 [25]
2013年(平成25年) 40,755 20,045

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

御成門

御成門駅

御成門中学校

  • 港区コミュニティバス『ちぃばす』(フジエクスプレス)
    • <麻布ルート> 東麻布一丁目・六本木五丁目・六本木ヒルズ方面

東京プリンスホテル芝パークホテル

駅名の由来[編集]

御成門交差点の付近に同名の門があった。かつての増上寺域の北端にあたり、門は徳川将軍家専用の参詣門として設置されたものであった。

隣の駅[編集]

東京都交通局
I 都営三田線
芝公園駅 (I 05) - 御成門駅 (I 06) - 内幸町駅 (I 07)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]