江戸三十三箇所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

江戸三十三箇所(えどさんじゅうさんかしょ)とは、東京都内にある33箇所の観音札所のことである。現在ではもっぱら1976年(昭和51年)に改訂された「昭和新撰江戸三十三観音札所」のことを指す。前身は江戸時代からあるとされるが札所寺院は廃仏毀釈などで半数以上が入れ替わっている。

江戸三十三箇所の起源[編集]

江戸時代西国三十三所坂東三十三箇所などの観音霊場巡礼が流行した際、各地で既存の観音巡礼を模した新たな札所(写し霊場)が設けられた。江戸では特に西国三十三所(本西国)に見立てて、三十三の寺院を選ぶ西国写し霊場が流行した。江戸時代の江戸市中周辺には記録に残っているだけで二十ヶ所もの西国写し霊場が存在していたとされる。[1]これらの霊場は、「昔、京順礼・江戸順礼といふことありときけり。是は富家の婦女、又茶屋者、風呂屋物などとなへし売女の類、衣装に伊達を尽くし笈摺胸札をかけて、実の順禮の如くいでたち、洛陽三十三所の観音へまうつるを京順禮と云なり。江戸順禮も又是におなじ」[2]とあるように、「幕府の厳しい規制下で自由に衣装本能を謳歌できない都市女性が近くの巡礼に仮託して、風俗の解放を求めたもの」(前掲近藤の説)とされ、京都で流行した後白河法皇選定の洛陽三十三所観音霊場巡礼をもととし、信仰よりもレジャー、ファッションの一環として行われていたものであった。これら数々の江戸三十三箇所は神仏習合のものもあり、例えば「江戸西国三十三所」では、「ここから眺める不忍池の景色が、石山寺から眺める琵琶湖の景色に似ている」という理由で上野の五條天神社 (台東区)も札所の一つにされていた。[1]

現行の江戸三十三箇所もこの江戸時代の観音巡礼の一つに起源を持つとされており、元禄年間設定の観音巡礼は「武蔵三十三箇所」「江都古来三十三箇所」の2つあり、現在のものがどちらを起源とするのかは良くわからない。田上善夫は現在の「昭和新撰江戸三十三観音札所」の前身を寛文8年(1668年)選定の「江都三十三所観音」とする。[3]

いずれにせよ現在の札所には3番の大観音寺、5番の大安楽寺など明治時代創建、果ては昭和26年開創の世田谷山観音寺といった近現代に作られた寺院も含まれており、田上によれば「江都三十三所観音」の33ヶ所中19箇所が廃絶し、昭和新撰時に19箇所が新規に加えられたとしている。なお、平成4年には30番札所が入れ替わっている。(淡交社編「御朱印巡礼」による)下記の一覧も、この昭和新撰のものを記載している。

昭和新撰 江戸三十三観音札所一覧[編集]

山号・院号・寺号 読み 通称 札所本尊 宗派 所在地
1 金龍山 浅草寺 きんりゅうざん
せんそうじ
浅草観音 聖観世音菩薩 聖観音宗 台東区浅草
2 江北山 宝聚院 清水寺 こうほくざん
ほうじゅいん
せいすいじ
  千手観世音菩薩 天台宗 台東区松が谷
3 大観音寺 おおかんのんじ   聖観世音菩薩 聖観音宗 中央区日本橋人形町
4 諸宗山 無縁寺 回向院 しょしゅうざん
むえんじ
えこういん
両国回向院 馬頭観世音菩薩 浄土宗 墨田区両国
5 新高野山 大安楽寺 しんこうやさん
だいあんらくじ
  十一面観世音菩薩 高野山真言宗 中央区日本橋小伝馬町
6 東叡山 寛永寺 清水観音堂 とうえいざん
かんえいじ
きよみずかんのんどう
  千手観世音菩薩 天台宗 台東区上野公園
7 柳井堂 心城院 りゅうせいどう
しんじょういん
湯島聖天 十一面観世音菩薩 天台宗 文京区湯島
8 東梅山 花陽院 清林寺 とうばいざん
かよういん
せいりんじ
  聖観世音菩薩 浄土宗 文京区向丘
9 東光山 見性院 定泉寺 とうこうざん
けんしょういん
じょうせんじ
  十一面観世音菩薩 浄土宗 文京区本駒込
10 湯嶹山 常光院 浄心寺 ゆしまざん
じょうこういん
じょうしんじ
  十一面観世音菩薩 浄土宗 文京区向丘
11 南縁山 正徳院 圓乗寺 なんえんざん
しょうとくいん
えんじょうじ
  聖観世音菩薩 天台宗 文京区白山
12 無量山 寿経寺 伝通院 むりょうざん
じゅきょうじ
でんづういん
  無量聖観世音菩薩 浄土宗 文京区小石川
13 神齢山 悉地院 護国寺 じんれいざん
しっちいん
ごこくじ
  如意輪観世音菩薩 真言宗豊山派 文京区大塚
14 神霊山 慈眼寺 金乗院 しんれいざん
じげんじ
こんじょういん
目白不動尊 聖観世音菩薩 真言宗豊山派 豊島区高田
15 威盛院 光松山 放生寺 いじょういん
こうしょうざん
ほうじょうじ
  聖観世音菩薩 高野山真言宗 新宿区西早稲田
16 医光山 長寿院 安養寺 いこうざん
ちょうじゅいん
あんようじ
  十一面観世音菩薩 天台宗 新宿区神楽坂
17 如意輪山 宝福寺 にょいりんざん
ほうふくじ
中野観音 如意輪観世音菩薩 真言宗豊山派 中野区南台
18 金鶏山 海繁寺 真成院 きんけいざん
かいはんじ
しんじょういん
  潮干十一面観世音菩薩 高野山真言宗 新宿区若葉
19 医王山 悉地院 東円寺 いおうざん
しっちいん
とうえんじ
  聖観世音菩薩 真言宗豊山派 杉並区和田
20 光明山 和合院 天徳寺 こうみょうざん
わごういん
てんとくじ
  聖観世音菩薩 浄土宗 港区虎ノ門
21 三縁山 広度院 増上寺 さんえんざん
こうどいん
ぞうじょうじ
  西向聖観世音菩薩 浄土宗 港区芝公園
22 補陀山 長谷寺 ほださん
ちょうこくじ
麻布大観音 十一面観世音菩薩 曹洞宗 港区西麻布
23 金龍山 大円寺 きんりゅうざん
だいえんじ
  聖観世音菩薩 曹洞宗 文京区向丘
24 長青山 宝樹寺 梅窓院 ちょうせいざん
ほうじゅじ
ばいそういん
  泰平観世音菩薩 浄土宗 港区南青山
25 三田山 水月院 魚籃寺 みたさん
すいげついん
ぎょらんじ
  魚籃観世音菩薩 浄土宗 港区三田
26 周光山 長寿院 済海寺 しゅうこうざん
ちょうじゅいん
さいかいじ
  亀塚正観世音菩薩 浄土宗 港区三田
27 来迎山 道往寺 らいごうざん
どうおうじ
  聖観世音菩薩
千手観世音菩薩
浄土宗 港区高輪
28 勝林山 金地院 しょうりんざん
こんちいん
  聖観世音菩薩 臨済宗南禅寺派 港区芝公園
29 高野山 金剛峯寺 東京別院 こうやさん
こんごうぶじ
とうきょうべついん
高輪結び大師 聖観世音菩薩 高野山真言宗 港区高輪
30 豊盛山 延命院 一心寺 ぶじょうざん
えんめいいん
いっしんじ
成田不動尊 聖観世音菩薩 真言宗智山派 品川区北品川
31 海照山 普門院 品川寺 かいしょうざん
ふもんいん
ほんせんじ
品川観音 水月観世音菩薩
聖観世音菩薩
真言宗醍醐派 品川区南品川
32 世田谷山 観音寺 せたがやざん
かんのんじ
世田谷観音 聖観世音菩薩 単立系 世田谷区下馬
33 泰叡山 瀧泉寺 たいえいざん
りゅうせんじ
目黒不動尊 聖観世音菩薩 天台宗 目黒区下目黒
番外 龍吟山 瑞林院 海雲寺 りゅうぎんさん
ずいりんいん
かいうんじ
品川千躰荒神 十一面観世音菩薩 曹洞宗 品川区南品川

脚注[編集]

  1. ^ a b 近藤隆二郎『江戸における写し霊場の鑑賞構造』 平成7年度日本造園学会研究発表論文集(13)
  2. ^ 柳亭種彦『足薪翁記』
  3. ^ 田上『地方霊場の開創とその巡拝路について』富山大学教育学部紀要58、2004

関連項目[編集]