吉井信宝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉井 信宝(よしい のぶとみ、1876年明治9年)5月25日 - 1923年大正12年)11月14日[1])は、戦前日本の華族子爵)。吉井子爵家(旧吉井藩鷹司松平家)13代当主。

吉井藩最後の藩主である吉井(松平)信謹を父として生まれる。信謹は明治12年(1879年)に隠居して信宝に家督を譲り、自身は実家の米沢藩上杉家の籍に戻った。1884年(明治17年)7月8日、信宝は子爵に叙せられた。

本荘(松平)宗武の娘である喜和と結婚した。

脚注[編集]

  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』
日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
吉井(松平)家初代
1884年 - 1923年
次代:
吉井信康