遠山政亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
遠山政亮
時代 江戸時代前期
生誕 寛永2年(1625年
死没 元禄6年11月7日1693年12月3日
改名 百助(幼名)、政亮
別名 内藤政亮、頼直(別名)
戒名 覚性院殿円心光山大居士
墓所 神奈川県鎌倉市の光明寺
官位 従五位下、主殿頭
幕府 江戸幕府
陸奥国湯本藩主、陸奥国湯長谷藩
氏族 内藤氏
父母 父:内藤忠興、母:側室の小山田氏
兄弟 内藤義概政亮
正室:真田信政の娘
養嗣子:遠山政徳、養女:品川高寛の娘

遠山 政亮(とおやま まさすけ)は、江戸時代前期の大名陸奥国湯長谷藩(当初は湯本藩)初代藩主。別名頼直

略歴[編集]

寛永2年(1625年)、陸奥磐城平藩の藩主・内藤忠興の三男として生まれる。幼名は百助。寛文10年(1670年)12月、父の隠居のときに1万石を分与されて湯本藩主となった。延宝4年(1676年)11月に居所を湯長谷に移したため、湯長谷藩主となる。

藩政においては、湯長谷城の築城、そして城下町の建設に尽力した。延宝8年(1680年)には、増上寺内藤忠勝による永井尚長殺害事件が起きた際に忠勝を拘束した[1]功績などを賞されて丹波国氷上郡などに新たに2000石を加増された。貞享4年(1687年)、大坂定番を命じられたことから河内国内に新たに3000石を与えられ、合計1万5000石を領することとなる。

元禄6年(1693年)11月7日、大坂定番在任中に死去。実子はなく、養嗣子の政徳が跡を継いだ。

辛辣な大名批評で知られる『土芥寇讎記』でも「うまれつき悠にして、行跡よし、家臣を助け育て奢ることしない。誉れの将なり」と高く評価されている名君である。

脚注[編集]

  1. ^ 常憲院殿御実紀』延宝八年六月二十六日条

外部リンク[編集]