品川高寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
品川高寛
時代 江戸時代前期
生誕 元和2年(1616年
死没 元禄10年閏2月8日1697年3月30日
別名 主馬、権大夫(通称
戒名 道喜
墓所 万昌院
幕府 江戸幕府旗本
氏族 清和源氏足利氏今川氏庶流品川家
父母 父:品川高久、母:鷲尾筑後の娘
兄弟 品川高如、女(八木九郎右衛門室)、高寛、女(岡山弥清室)
今川氏睦、女(遠山頼直養女)、高清、女(一色定尚室)
テンプレートを表示

品川 高寛(しながわ たかひろ)は、江戸時代前期の旗本高家品川高久の次男で分家を立てた。

生涯[編集]

元和2年(1616年)、旗本品川高久の次男として生まれる。

寛永7年(1630年)、15歳で将軍徳川家光に初謁、下野国都賀郡で200石の知行を与えられる。寛永14年(1637年)、御小姓組に列し、万治3年(1660年)12月26日に切米100俵加増。寛文9年(1669年)閏10月18日には日頃の勤めが賞せられ、黄金2枚が与えられる。

延宝6年(1678年)6月に番方を辞し小普請入り。元禄7年(1694年)12月7日に致仕して次男高清に家督を譲る。長男(今川氏睦)はこれより先、延宝元年(1673年)に今川氏堯の末期養子として高家今川家を継がせている。

元禄10年(1697年)閏2月8日死去、享年82。本家品川家やほかの今川・吉良一族同様、牛込万昌院に葬られ、ここを菩提寺とする。

参考文献[編集]

先代:
品川高久
品川主馬家初代当主
1630年 - 1694年
次代:
品川高清