准尊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

准尊(じゅんそん、天正13年10月7日1585年11月28日) - 元和8年4月24日1622年6月3日))は、日本真宗興正派興正寺第十八世門主。は昭玄。十七世顕尊の子で本願寺第十一世門主顕如の孫にあたる。母は冷泉為益の娘・祐心尼。妻は毛利輝元の養女・長寿院妙尊尼(もと小早川秀秋正室、実父は宍戸元秀)。幼名は八十丸。諡号は不退院。

生涯[編集]

文禄3年、10歳の時に叔父で姉の夫でもある浄土真宗本願寺派・本願寺(西本願寺)第十二世門主・准如の元で得度する。だが慶長4年(1599年)、父の死後に興正寺を継承すると姉と不仲となり、伯父の教如がいる真宗大谷派東本願寺側に離反する。だが、説得によって慶長12年(1607年)に西本願寺側に復帰した。この間、慶長5年(1600年)に法眼、同6年(1601年)に大僧都、同7年(1602年)に法印に昇任している。

元和2年(1616年)に権僧正に叙せられた。

子女[編集]

  • 長女:弥々(寿光院) - 水戸藩徳川頼房側室
  • 次女:藤 - 教行寺琇琢准超室
  • 次男:准秀昭超 - 興正寺第19世
  • 四男:准円昭陳 - 清光寺(萩市)初代門主
  • 三女:千子(正覚院) - 毛利家家臣宍戸就尚
  • ほか

参考文献[編集]

  • 『真宗法脈史』(中島慈応、明治44年、近代デジタルライブラリー公開)109ページ「准尊上人」