三木之次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三木 之次(みき ゆきつぐ、天正3年(1575年) - 正保3年1月11日1646年2月26日))は、江戸時代初期の武士常陸水戸藩家臣。通称は仁兵衛(にへえ)。

生涯[編集]

播磨国の美嚢郡三木浄土真宗光善寺の住職、寂然の次男として生まれる。光善寺は兄の長然が継いだ。若年時については不詳であるが、に出て、近江国の浄土真宗広済寺の住職安休の娘で中和門院に仕えていた武佐と結婚し、二女をもうけた。

慶長8年(1603年)8月、伏見城徳川家康の十一男頼房が誕生し、之次は頼房の乳母となった岡崎の姉・武佐の婿という縁から、翌9年(1604年)、500石を給されて頼房に仕える。慶長11年(1605年)、頼房は下妻藩10万石を与えられるが、4歳であり領地には赴かなかった。慶長12年(1606年)、家康が駿府城に隠退すると頼房も伏見から駿府に移るが、この年之次は家康の命で下妻に至って藩士の知行割を行った。これは頼房が家臣に俸禄を与えた最初という。その年の暮れ12月、頼房の乳母岡崎が病死し、5歳の頼房が乳母を慕って朝夕悲しんだため、容姿の似ている姉の武佐が駿府に迎えられ、夫婦揃って頼房に仕えることなった。慶長14年(1608年)、頼房は水戸藩25万石に転ずる。之次は大番頭となり、老中を兼ね、元和4年(1618年)300石加増、翌年さらに200石加増され、1,000石を給される重臣となった。

元和8年(1622年)、頼房の第1子・松平頼重が誕生するが、諸々の事情から頼房は堕胎を命じており、母の久昌院は之次夫妻に預けられ、頼重は江戸麹町の之次の邸宅で誕生した。寛永5年(1628年)、再び久昌院が懐妊すると、頼房はまた堕胎を命じて之次夫妻に預け、三男(第7子)徳川光圀水戸城下の之次の邸宅で誕生した。

頼重は後に京に送られ、之次の娘婿・滋野井季吉のもとで養育され、出家させるため天龍寺慈済院に入って学問を学んだ。寛永9年(1632年)11歳の時、水戸藩の招きで小石川藩邸に入ったが、痘瘡を病んだらしく、寛永14年(1637年)ようやく父頼房と対面した。光圀は5歳まで水戸城下の三木邸で育てられた。寛永9年(1632年)水戸城に上がり、翌10年(1633年)6歳の時付家老中山信吉と対面して水戸藩の嗣子に選ばれ、江戸小石川邸に移った。

正保3年(1646年)之次は72歳で没した。墓所は水戸市妙雲寺。また妻・武佐とともに常磐神社の末社・三木神社に祀られている。

娘はそれぞれ、京の公家・滋野井季吉と、水戸藩家臣・伊藤友玄に嫁いだ。外孫(伊藤友玄の長男)で養子の三木高之が跡を継いだ。

後年、三木邸で梅花の宴があった際に光圀の詠んだ歌が『常山詠草』にある。

「此亭はそのかみ三木某か住し所なり、我ゆへありてここにて生れ侍りぬ。年経てのち、たまたまここに来りたるに、をりふし庭の梅盛りなるを、かれか氏族、かれこれささえなどもてきて、祝ひ興しもてはやすつゐてに、歌よみてをくりけれは、これにむくいするとて
朽残る 老木の梅も 此宿の はるに二たび あふそ嬉しき

なお、三木邸は元禄10年(1697年)前後に召し上げられ、三木氏は北三の丸に移って、藩主の別邸「中御殿」となった。明治32年(1899年)水戸駅の拡張により、駅構内の一部となった。三木邸跡には現在「義公生誕之地」の碑と神社が建っているが、この地は正確には屋敷地の北限よりさらに北に位置し、光圀生誕の地である屋敷の中心部は現在の水戸駅構内の発着ホームの中にある。

参考文献[編集]