赤司鷹一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あかし たかいちろう
赤司 鷹一郎
Takaichiro Akashi.jpg
生誕 (1876-05-10) 1876年5月10日
東京府(現・東京都
死没 (1933-11-07) 1933年11月7日(57歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学法科大学
職業 官吏
団体 大日本職業指導協会
肩書き 従三位勲二等
配偶者 かよ(渡辺廉吉長女)
子供 愛(長女・清水順治妻)、嘉志和(長男)、捷子(三女・古川尚彦妻)

赤司 鷹一郎(あかし たかいちろう、1876年明治9年)5月10日1933年昭和8年)11月7日[1])は、文部官僚、教育者。錦鶏間祗候

経歴[編集]

福島県令検事赤司欽一の長男として東京に生まれる。東京府立一中[要出典]旧制第一高等学校を経て、1897年(明治30年)に東京帝国大学法科大学を卒業し、内務省に勤めた。翌年、文部省に移り参事官に任ぜられた。1902年(明治35年)から2年間、教育制度と行政法の研究のため欧米留学を命じられた。1911年(明治44年)、維新史料編纂会事務局長に就任した。1916年大正5年)に普通学務局長に昇進し、1922年(大正11年)からは文部次官を務めた。その間、臨時教育行政調査会教育評議会の委員となった。

1924年(大正13年)に退官した後も多くの委員会委員に選ばれた。また、文部省在官中から職業教育に力を注ぎ、1928年(昭和3年)には日本職業指導協会を設立して理事長に就いた。1932年(昭和7年)9月27日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[2]

その他に保善商工教育財団の評議員・理事を務め、1933年には同財団の運営する東京植民貿易語学校東京保善商業学校・東京保善工業学校の校長に就任した。

栄典[編集]

著作[編集]

  • 「普通教育近時の傾向 : 小学校、中学校、高等女学校」(国民教育奨励会編纂 『教育五十年史』 民友社、1922年10月 / 国書刊行会〈明治教育古典叢書〉、1981年4月 / 日本図書センター、1982年1月)
著書

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2060号、昭和8年11月11日
  2. ^ 『官報』第1725号、昭和7年9月28日。
  3. ^ 『官報』第124号「叙任及辞令」1912年12月27日。
  4. ^ 『官報』第1201号「叙任及辞令」1916年8月1日
  5. ^ 『官報』第1251号「叙任及辞令」1916年9月30日。
  6. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 「故赤司理事長記事」(『職業指導』第6巻第12号、大日本職業指導協会、1933年12月)
  • 「赤司鷹一郎」(成田久四郎編著 『社会教育者事典』 日本図書センター、1983年9月 / 1989年9月増補版、ISBN 9784820552840
公職
先代:
南弘
日本の旗 文部次官
日本の旗 教員検定委員会会長
日本の旗 学校衛生調査会会長

1922年 - 1924年
次代:
松浦鎮次郎
先代:
(新設)
日本の旗 維新史料編纂事務局長
1911年 - 1917年
次代:
黒沢次久
その他の役職
先代:
(新設)
大日本職業指導協会理事長
1932年 - 1933年
会長
1927年 - 1932年
次代:
粟屋謙
先代:
得能佳吉
東京植民貿易語学校長
東京保善商業学校
東京保善工業学校

1933年 - 1934年
次代:
窪田治輔